サマーツアー。の季節。

d0065737_0181844.jpg”破壊王”橋本が急逝して早くも1年。生前発売されていなかった橋本のビッグマッチ用テーマ曲。通称”前奏付き爆勝宣言”の発売が決定したそうだ。

”前奏”とは"TOYS"と言うサウンドトラックに入っている11曲目の2分43秒からの約15秒分のことを言う。この約15秒と橋本オリジナルテーマ”爆勝宣言”を組合わせるとビッグマッチ用テーマ曲となる。

この曲を聴く度に橋本の入場シーンが思い浮かぶ。彼が旅立つ時にも流された。小川に勝てなかった橋本。昨年大晦日、プライド会場に響いた涙腺も緩む”爆勝宣言”。橋本を背負った吉田戦に散った”プロレスラー”小川。

その小川に完勝した吉田が散ったプライド無差別級。橋本が苦境に陥った興行”真撃”のテレビ解説をしていたのがプロ転向前の吉田だったのも何かの因縁か。

映画のオリジナルサウンドトラックを組合せた、このスペシャルバージョンは権利の問題から発売不可能とされていた。いつでも、好きな時にこのテーマ曲を聴きたい多くのファンは約15秒の為に、このCDと音楽編集用ソフトを購入してオリジナルテーマ曲を製作する事となった。私もバージョン1.2と作りバージョン3にて完璧なビッグマッチ用テーマ曲を完成するに至った。

やがて、”トラック11”のフルバージョンはプロレスリングゼロワンの会場で流される様になったが、このサウンドトラックのほんの一部分を橋本のテーマ曲に付けたのは誰なのだろう。

様々なプロレスに関する書籍を見てもこの(私的)プロレス史上最高の入場テーマ曲の誕生秘話を見た事がない。"紙のプロレス”でその辺のところを調査してもらいたいものだ。

写真は以前、弁天埠頭加藤汽船ビル階段に貼られていたキヨシロー。早期回復を祈り祈ります。
[PR]
by banpakutantei | 2006-07-16 01:40 | プロレス 格闘技 | Comments(0)


<< 幻のスカンジナビア館三度 新幹線の車窓から大阪万博をさがす。 >>