愛地球博は今日も続く

d0065737_12422374.jpg帰宅して2~3行書くと眠りこける日々。保存しないで寝てしまうので翌日、どう書いたか微妙な処が思い出せずまた最初からやり直し。またまた間隔が空いてしまった。本サイト小田原建築探偵の更新も滞っているが相変わらず、愛地球博を綴っている。

当初”愛地球博開幕から1年”を書こうと起承転結の結を先月の25日に絞り書き続けるつもりがとっくにそんな期日は過ぎてしまったが、もう少し続けてみる。私がサインを求められる様な有名人で色紙に何か書いてくださいと頼まれたら多分書くであろう一文。”継続は力なり”。サインの方は学生の頃、いつか求められるその日の為に授業中、一生懸命ノートに練習したのでスラスラ書ける。それは見事なものだ。その日は未だやって来ないし来そうもないが会社に届く納品書の受領には毎日スラスラと書いている。何と書いてあるかは読めないと思うが...あっそうだ先日嫁さんの実家で凄いサインを発見したので今度紹介します。いやぁあれは驚いた。

で一旦、駅を出てみたが会場入り口だった(と思われる)付近はこの様な厳戒態勢(少し大袈裟)だった。ちなみに看板の関係者の文字の下には”以外”と付く。探せば何処かに盲点があるのかも知れないがホームから見えた殆ど何も残っていなかった原野に立ち入った処でどうなるものでもない。入って会場跡に吹く風を感じてはみたかったが...
[PR]
by banpakutantei | 2006-04-15 13:24 | 愛地球博 | Comments(2)
Commented by expo-2005-aichi at 2006-04-16 21:54
こんにちは!初投稿ですね。先日は書き込みありがとうございます。
会場前での厳戒態勢についてなんですが、昨年10月30日(日)の真昼間に数十人の侵入事件があったんです。日曜日は基本的に作業がお休みなので誰もいません。それを狙ってなのか柵を乗り越え数十人が北ゲート周辺に侵入したのです。たぶん、入りたくてしょうがなかったのですね。偶然だったのですがその日に限って水道関連の作業車が協会の職員を乗せて会場内を走ってました。もちろん、スグに見つけて警察まで出てくる事態になってしまいましたが、それ以来日曜日を含む毎日警備員が各ゲート付近で侵入されないように目を光らせているのです。そのことがあるので知らない人から見ると大げさな警備体制になってしまうのです。
Commented by banpakutantei at 2006-04-17 19:32
コメントどうもありがとうございます。expo-2005さんのブログいつも沢山の写真とコメント楽しみにしています。トップ画像も良いですね。なるほど、そんな大捕り物があったのですね。私の写真の奥の警備の方は跡地の風を思いっきり感じる事が出来て羨ましいです。


<< 愛地球博で大阪万博をさがす。リ... 散らない桜。(大阪)万博マーク >>