美日本修行

d0065737_14620.jpg”おうさかぁ、おうさかぁ雨の北新地ぃ”って繰り返している内に大阪に到着した。”きたぁしんちぃ”って唄っても関東者の私が北新地で呑む機会など多分無いだろう。

到着後、先ず向かったのは阪急古書のまち。前回の大阪遠征時の帰り、新幹線の時間が迫っているのに未だこの近辺をウロウロしていた。

”さがし物は何ですか見つけにくいものですか?”って口ずさみながら何かを探していた。さがし物が何なのかは自分でもわからない。わからない探し物をする、あての無い旅を旅の終りにしていた。あの日、心にピピッと響く本は”絵に書いた様な古本屋の親父”のいる店にあった。

それは古いアメリカの映画館の外観だけを撮影した写真集と推測される約6千円の洋書。店側でビニールで梱包されており内容が確認できない。”典型的な古本屋の親父”に”内容が見たいのだけど(ビニールを開けてくれないか)”と訊けば”出来ない”と言われた。”面倒くさがり屋の古本屋の親父”に”どんな本なのか”と問えば”さぁ?”と答えられた。

勝手に”ビニ本”にしておいてそれは無いだろう。 ”透視しろ”って事か?6千円で買って文字ばかりだったらどうする?迷ったあげく結局、買わなかったのだが新幹線に乗ったとたん、やっぱり欲しくなってしまったのだ。欲しくて欲しくてたまらなくなってしまったのだ。あれは絶対に思っている様な内容の本。ビニールの中身を指先で感じられなかった事が悔しい。

”表紙で理解しろ”。”裏表紙で確信を持て”。”擦って判断しろ”。若かりし頃似たような修行を散々して来たではないか...ハズレも多かったけど...
[PR]
by banpakutantei | 2006-02-25 05:11 | 大阪 | Comments(3)
Commented by keae71 at 2006-02-25 10:22 x
私も「タイムスリップ大阪万博展」の帰りに寄って見ました。

見たことがなかった「日本万国博覧会記念写真集」を某書店で見つけました。

ビニールで梱包されており内容が確認できませんでした。中身を見せていただけないかと言ったら、やはりだめでした。

別の書店で無造作に重ねられている同書を見つけたのでご主人に見ても良いですかと聞くとOKの返事。見ることが出来ただけでも収穫でした。

ビニールで梱包した店、ひょっとして同じ書店かもしれませんね。
Commented by banpakutantei at 2006-02-26 00:13
こういうのはねぇ。ちょっとセロテープを切ってくれればいいだけなのに...
みすみす販売機会を逃しているようで..と思います。しかしこの店で..
って話はまた今度書きたいと思います。
Commented by 彩雲4号 at 2006-02-26 00:49 x
>>みすみす販売機会を逃しているようで..
同感です。
こんな店よりどこかで同じ商品が売っている事を切に願っております。


<< 美日本修行~2 ”チャンチャチャチャン..チャ... >>