カウントダウン 太陽の塔内部リボーン公開まであと数時間。

d0065737_21570660.jpg

太陽の塔 リボーンした内部公開は本日あと数時間後。

写真は万博友達&”もうひとりの”万博マスター” Fさんから拝借したもの。Fさん、どうもありがとう。

万博会場近くのショッピングモールに掲げられた大きな垂れ幕。数年ぶりの秘仏公開をイメージさせる。

垂れ幕のコピー。「生命の進化をたどる約41m、183体」まるで183体の仏像が収められているかの様だ。






d0065737_21570367.jpg

「本当の凄さは胎内に入らないとわからない」は巨大仏の胎内巡りの様であり常々書いている太陽の塔信仰が遂に一般にも認知された証明でもある。

太陽の塔に興味が無い人にも「一体何が始まるんだ?」「一体何が収まっているんだ?」「そんなに凄いものが?」と思わせる。


2003年から数年一般公開されたので実際には半世紀ぶりでもないけど、今回は上にも行けそうなのでそういう意味では再会なのかも知れない。


公開前のこの写真、この風景も今だけの貴重なシーン。現地に行って公開直前の塔周辺の様子も見てみたいけど、かなわず残念。


お祭り騒ぎの内部公開と2025万博誘致で盛り上がっていると思われる現場に身を置けないもどかしさ。万博者失格で落ち込んでいる。

昨日は公開記念イベントとしてドリカムのライブも行われた。ファンでは無いけれど行ってみたかった。明日のワイドショーで映るだろうか。

鉄鋼館や噴水も新たに「丁寧に保存していく」方針も決まった様で、公園内の万博遺跡も良い方向への風が吹いているみたいだ。

以前より注目浴びる太陽の塔と大阪万博。このブログを始めた頃には、こんな日が来るとは想像出来なかった。何せ万国博美術館、万国博ホールの解体を嘆く事から始まっているのだ。

今だったら、もしかして美術館、ホールそしてエキスポタワーだって助かったのかも知れない。公園内の万博遺跡と言ってもほんの僅かしか残っていないのだ。


本日、初日に行く万博友達のフェイスブックには”お祭り広場でお祭り騒ぎ”するレポートが並び、ネットでも色々アップされるだろうがシャットアウトしなければならない。

これから数週間、私が行く四月初旬まで「見てはいけないものを見てしまう」誘惑との闘いでもある。




[PR]
by banpakutantei | 2018-03-19 02:54 | 万国博 | Comments(2)
Commented by 彩雲4号 at 2018-04-08 23:12 x
>>今だったら、もしかして美術館~
全く同感です(涙)もうちょっと早く・・
Commented by banpakutantei at 2018-04-10 18:17
彩雲さん。ご無沙汰しております。最近またUPする様になりました。最初の頃 美術館解体の時コメント下さいましたよね。本当に惜しかったです。あの頃は鉄鋼館も危なかったですね。何とか再生されて良かったです。またよろしくお願いいたします。


<< カウントアップ 太陽の塔内部リ... カウントダウン。太陽の塔内部リ... >>