大晦日~聴きたいのは”天城越え”よりも”ホテル港や”

d0065737_473399.jpgやっと今年を振り返るも早大晦日となってしまったが今頃、愛地球博について書いている人はそう多くない筈だ。

閉幕直後の百貨店で行われたグッズ在庫処分の人込みは、まるで閉幕間近の万博会場並みの混雑だったらしい。

モリゾーキッコロがあれ程の人気者になるなんて想像もしなかった。紅白でカムバックするかと思っていたが、夏川りみが唄うのは残念ながら「ココロツタエ」では無いので、彼らの出番も無さそうだ。

開幕日、会場で彼女が唄ったこの曲は本当に心にしみた。記憶の中で、この歌と愛地球博は完全にリンクしている。今年はやっぱり、この歌を唄うべきではなかったか。

彼らが帰った森は静寂を取り戻し、パビリオンの解体も進んでいる事だろう。画一的な外国パビリオンの中でスペイン館外壁の六角形のタイルは印象に残る。

閉幕後その予備品がオークションに出品されたりした。実際に使用されていた物の出品も二万円前後で取引されている。こんなマーク入りタイルが出品されたらは高値を呼びそうだ。”のぼるな”とひらがな表記されたのもある。

これらが最初から付いていたのかは定かでない。東大寺大仏殿には大仏様の鼻の穴と同径の穴が空いた柱がある。” くぐるな ”の方が絶対面白かったと思う。
[PR]
by banpakutantei | 2005-12-31 05:03 | 愛地球博 | Comments(0)


<< 06年 謹賀新年 暦はもう少しで終わりのこんな時... >>