”12月の雨”を聴くなら、こんな日

d0065737_10564619.jpg本日は見事な”12月の曇天”。とにかく寒い。こんな日は家にこもって、HPの更新やブログの書きだめでもしたい処だが、この後クリスマスの家の電飾飾りつけをおおせつかっているので、なかなかPCの前にも長居していられない。

雨も降りそうだし御近所の電飾から1週間から10日遅れをとっているので今日中に点灯させなければならないプレッシャーと闘っている。

豪華桐の箱入り39万9千円のレプリカ。ほぼ40万円。実物を見るのはこれで二回目。一回目は鉄鋼館で行われた第一回マニアエキスポだった。

もしかしたら、これは全国行脚しているのか?全国展示即売会でもしているのかも知れない。万博ファンよりも岡本太郎ファンの方が買いそうだ。

別の作品”午後の日”のレプリカは結構欲しい。39.9万で買う事が出来るものは沢山ある。いくつあっても構わないと妻が言う、あのブランドあの時計、あのブランドのあの鞄等々。内緒でこんなものを買って帰った日には..三万円だったけど思いっきって買っちゃったと言うしかないだろう。
[PR]
by banpakutantei | 2005-12-11 11:26 | Comments(0)


<< 太陽の塔を塗る~8 岡本太郎美術館帰りの夜道は危険 >>