太陽の塔を塗る3

d0065737_23441596.jpg太陽の塔の表面はコンクリート吹き付け工法にて施工されているので実際はザラザラだ。その凹凸に汚れが食い込むので余計に汚れて見えやすい。表面塗膜が耐えれるならば時々高圧洗浄すると綺麗になると思われる。で、普通に塗るとつるんとしてしまい雰囲気が出ないので白をベースコートした上にザラザラ感を出してみる。白の艶も消した方が重厚感が出て良い感じとなる。

さてリーチを掛けながらUP出来ずにいた”幻のスカンジナビア館part2”
小田原建築探偵にUPしたので良かったら見てください。大阪万博会場から北海道石狩へ移築されるも、やがて解体されていったスカンジナビア館最後の姿が奇跡的に写真に収められ残っていました。
[PR]
by banpakutantei | 2005-10-10 00:35 | Comments(4)
Commented by まつかぜ at 2005-10-10 19:35 x
おーっ、コレコレ。このザラザラ感はいかに?
Commented by banpakutantei at 2005-10-11 01:10
まつかぜさん、こんにちは
太陽の塔の、この工程だけはエアーコンプレサーと塗装用スプレーガンが必要なのですが、これがあればそれ程難しくはありません。塗料はベースと同じくウレタン(自動車補修用によく使われています)を使用します。
Commented by kawahara at 2005-10-13 02:27 x
スカンジナビア館の記事見ました。ノルウェー在住の友人が7月に送ってくれた絵はがきの写真とパビリオンの半券写真が同じだったので驚きました。

フリーセックスについて質問されたりしたノルウェー人は日本嫌いになったのではと心配です。当時の農協旅行などの日本人の質がわかるような…。

ところで太陽の塔の超美麗写真をインターネットフォトログで見つけました。

http://www.flickr.com/photos/chubb3/51592678/

Commented by banpakutantei at 2005-10-13 17:56
kawaharaさん、こんにちは、いい写真ですね。ありがとうございます。梅田阪急の伊藤忠太の壁画の写真もありましたね。いっしょに壊されてしまうとしたら非常に残念です。


<< 太陽の塔を塗る4 渋谷で大阪 >>