愛地球博で大阪万博を探す11

d0065737_1155813.jpg単純な私は吉田拓郎の”祭りの後”を聴いている。祭りの後の寂しさは例えば、大阪万博のDVDを見て紛らす。

「 にぎやかにひらかれ あっけなくおわった 万国博  会場は忘れられたように ひっそりとしている  今度はいつよみがえるのだろう  その日まで 私はまつ 」  (映画 日本万国博の最後に映る小学生の詩)愛地球博も閉幕しモリゾー&キッコロも森に帰っていった。心にポカンと穴があいた人も多いだろう。

あっと言う間の半年だが、あと半年もすれば、心の片隅に追いやられ年が明ければ片隅から押し出され忘れられて行くのだろう。

大事にしていたモリゾーの帽子も、キッコロのぬいぐるみも、パビリオンでもらったパンフレットもピンバッジも箱に詰められ押入れの奥で長い眠りに就くのだろう。愛地球博の思い出も同様に、長い眠りに就く。トロイの木馬に詰められた思い出が蓋を開けゾロゾロ出てくるのは何年先の事だろう? 
[PR]
by banpakutantei | 2005-09-28 03:40 | 愛地球博 | Comments(0)


<< 愛地球博で大阪万博を探す12 愛地球博で大阪万博を探す10 >>