もう一度会いたいモリゾーキッコロ

d0065737_23242727.jpg開催期間あと約一ヶ月半。もう一度行きたいと思ってる愛地球博なのだが、どうやら”無理”の2文字が点灯してきた。理由は”暑さ”であったり”混雑”であったり”資金難”であったりする訳だが..写真は3月26日のもの。開幕実に2日目の土曜日夕方の撮影だ。内覧会の大混雑の報道が効き過ぎたのか、どうだ見てくれこの看板。藤が丘経由だろうが万博八草経由だろうが関係無し。

その日私は、その驚くべきその速度と相反するイメージを想像するエキスポシャトルで万博八草経由でアクセスしたのだが、それはそれは空いていて、かばんを座席に置いて、足を伸ばして広げ、名古屋駅で買ったマックを食していてもノー問題な程の空き方。一体私は何処に向かっているのか車窓から見える渓谷らしき風景を見ながら瞑想していた。万博に向かうと言うよりも終電の終点駅近くの静けさが、そこにはあった。カタン、コトン...それはシャトルなんて名前を付けてはいけない音であった。でも空いてて本当に良かった。もう一度行きたいあの空いた愛知万博。
[PR]
by banpakutantei | 2005-08-10 00:03 | 愛地球博 | Comments(0)


<< 愛地球博で大阪万博を探す 孤高の人、ミルマスカラス >>