さよならホテルエンパイア

d0065737_321387.jpg先週は帰るとバタンQ状態で何も出来なかった。一週間は本当に早い。写真は先週のエンパイアの様子。19階付近まで網で囲われているが、よく見ると屋根が枠だけ残し撤去されているのが解る。昨日は最上階回転レストランまで囲いが伸びていた。てっぺんの相隣が撤去される日も近いのかも知れない。各階の屋根を撤去し、カーテンウォールで囲うのだろうか?

今までの建物のさよならは、全部が解体撤去。エンパイアの様に姿を変える事によって、その姿を消す例はあまり無いだろう。幼虫が、蛹(さなぎ)になり成虫となる。例えは合ってないが、それ程の大きな変化だ。蜃気楼も浮かぶ猛暑の中、工事は続く。エンパイアの存在も蜃気楼となろうとしている。ブログを更新しなかった分、小田原建築探偵でドリームランド&エンパイアの続きを約2年ぶりに更新しました。つくり始めた時は、そのままの姿で復活するのかと思っていたので、復活?エンパイアとなっていますが..
[PR]
by banpakutantei | 2005-08-07 03:35 | ホテル エンパイア | Comments(1)
Commented by 彩雲4号 at 2005-08-07 21:53 x
おお!よく見ると…言われないと気づかなかったけど「屋根」の部分が…。
もっと写真を撮っておけば良かったと、建築探偵さんのサイトを見て後悔しました。


<< 孤高の人、ミルマスカラス てっぺんでギターを弾いたキカイダー >>