新世界を新日本紀行する。

d0065737_18342943.jpg展望室にある旧エレベータの表示板。01年新エレベータへの交換と共に下りのアナウンスも消えた。脳裏に食い付く音楽とアナウンス。もう一度聴きたい。

NHK「新日本紀行ふたたび」は、かつて取材した土地を再訪し、当時のフィルムと新たに撮影した映像を重ね、その変貌を見つめる。

先日の放送は「王将・うまれ浪花の~阪田三吉と新世界~」ジャンジャン町の28年間の変化をとらえ将棋クラブの全盛期と現在の衰退の様子を描いた。

28年前の放送もビデオで見たことがあるが感じるのは時の流れの速さ。完全に速度オーバー。28年前の自分は丁度、息子の年齢。大阪万博はこの番組より更に7年前の出来事。万博に連れて行ってくれた時の親の年齢は今の自分より若い。

そして通天閣行きを却下された学生時代は最初の放送の年と割りと近い。”いにしえ息づく 時の道で変わりゆくもの 変わらぬものたどり巡りて  ふたたび出逢う面影をこの心に” テーマ曲も脳裏に食い付く
[PR]
by banpakutantei | 2005-07-28 21:03 | 大阪 | Comments(0)


<< てっぺんでギターを弾いたキカイダー ”新世界”紀行 >>