練り物大国、小田原。

d0065737_15311492.jpg小田原には、かまぼこ以外にも練り物が沢山ある。ちくわ、はんぺん、すじぼこ等々。これらは総称して水産加工物と言うそうだ。殆どが、おでんの具。何処の製造かは解らないが近所の魚屋で買ってくる、おでんの具は確かに旨い。最近は、この練り物にスポットをあて、”小田原おでん”なるものをアピールしている。これが具の事なのか作り方なのかは解らないが。

かまぼこにも色々あるが小田原のは板が付いたもの。分類は”板かまぼこ”。この板、食べ終わると単なる板となるが、その使い道は殆ど無い。地元の大手かまぼこ店では板に絵を描くコンテストを開催しているが、それすら使い道のごく一部。表札に使っているのも見た事無い。ミニまな板...ちょっとありそう。「キミはかまぼこ、僕は板、二人はいつもピッタンコ。」私の結婚式で頂いた祝電のフレーズの一部である。小田原ならではと言えば、ならではである。僕は板なので、かまぼこを食べ終わると用無しの身となる。  のか??
[PR]
by banpakutantei | 2005-07-24 23:52 | 小田原 | Comments(2)
Commented by 彩雲4号 at 2005-07-26 00:17 x
>>私の結婚式で頂いた祝電のフレーズの一部である。

ま、マズイです。素晴らしい名フレーズにいつの間にかメロディーを勝手に付けて口ずさんでしまう自分がいます(汗)気をつけます。
Commented by banpakutantei at 2005-07-26 16:55
横浜だと「君は肉まん、僕は紙」とか「君はちまきで、僕葉っぱ、大きな愛で包んでる」となるのでしょうか?


<< せっかく、来たのに ○○!! 並、特上、極上、超極上、味の違... >>