さらば闘魂三銃士

d0065737_2294796.jpg写真は橋本が入場時に巻いていたはちまき。「はっしもっとぉーしんやー」のコールで場内に投げていた。確認は出来ないが多分、各会場で投げていたのだろう。94年の小田原大会でゲット。この時はリングサイド二列目。地方での興行とは言え流石にこの位置からの観戦はド迫力。東京ドームでは絶対不可能な席。これが地方のプロレスの良さ。プロレスは大会場と地方の興行では全く会場の雰囲気が違う。メインイベントは大抵六人タッグマッチだったりする。そのどちらもプロレス。

この日のカードはセミがパワーウォリアー&ライガー組vs相手は忘れた。メインは何と武藤、蝶野、橋本の闘魂三銃士vsヒロ、後藤、(確か)もう一人忘れた。の最高級六人タッグ。闘魂三銃士と良く言うが、実際に三人が組んで戦った試合はそれ程無い。このはちまき、伸ばすと約四メートル近くもある長さ。各地にばらまかれた、はちまき。今日はしまってあった”はちまき”を、引っぱり出し撫でている人も多いだろう。
[PR]
by banpakutantei | 2005-07-16 04:36 | プロレス 格闘技 | Comments(0)


<< さらば橋本真也 さらばOH砲 >>