人気ブログランキング |

カウントアップ EXPO70パビリオン公開から よよいのよいで41週。

d0065737_17303367.jpg「そして馬場さんは茶封筒をとりだした!」ショッキングでそそる文字が帯に躍る。こんな本ばかり読んでいては、いかん!と思いつつ売上げに協力している。

ピーク時20万部を発行していた週刊プロレス元編集長が数々のプロレス団体、関係者から金銭を受け取り記事に便宜を図っていたり、ストーリー作りに関与していたと暴露した本。

週刊プロレスを買わなくなって久しい。最近は立ち読みすらしなくなってしまったし週プロの勝負論を見ても意味は無い。

プロレス団体とプロレスマスコミは一心同体。雑誌は興行をあおり、作られた事件をレポートし選手をプッシュする。その結果、興行が盛上れば雑誌も売れる。真実では無い事も沢山、書いてある。

プロレス誌は興行会社の力だけでは足りないプロモーション活動を行う。団体はいかに紙面に載せてもらうか、表紙にしてもらうかが興行収益に直結する。その結果の金銭の受け渡し。

馬場さんから渡された茶封筒の中には50万円入っていたそうだ。「金権編集長ザンゲ録」。ザンゲとはプロレス団体から金銭を受け取って紙面を書いていた事の読者への懺悔なのか、支払った領収書の無い金の件を、これまた金の為に暴露してしまった団体や関係者への懺悔なのか?
by banpakutantei | 2010-12-27 01:59 | 今日買った本。 | Comments(0)


<< カウントアップ EXPO70パ... カウントアップ EXPO70パ... >>