<   2016年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

カウントダウントキョ。

d0065737_11398.jpgリオ五輪閉幕から早一週間。この一週間で見つけた二つのリオ。

一つ目。久しぶりに開いた岡本太郎「壁を破る言葉」から”芸術のあるところ、そこが世界のセンターであり、宇宙の中心なんだ。

それは東京でもいいし、秋田でも北京でもリオデジャネイロでもかまわない”って言葉。

東京 北京 リオ...何と言うこじつけ。今まさにスポーツの中心リオ。


d0065737_1133113.jpg二つ目が何故に今頃。ロンドン五輪閉幕式のテレビ中継画像。あぁ。3週間程前に見つけていたら...。

開幕直前に”いよいよリオ!”って感じで出すべき画像だろう。

”1451日後に使えるかも”って撮っておいたのかも。すっかり忘れていた。
 
映画”日本万国博覧会”のラスト。”にぎやかに開かれ あっけなく終わった万国博。会場は忘れさられたようにひっそりしている 。今度は いつよみがえるのだろう ?その日まで私はまつ 。”


d0065737_221954.jpgパラリンピックが控えているけれど頭の中は石坂浩二さんのナレーションの万国博がリオ・オリンピックに置き換えられている。

”4年後使えるかも知れない”と撮ったリオ閉幕式。あいにく東京まであと何日ってテロップが入ったものに遭遇しなかった。

4年後、この画像の事思い出すかなぁ。覚えていても画像を見つけられず”何処に行ったんだ!折角使おうと思っていたのに!”って始まるのだろうか?


d0065737_2115413.jpgそれとも閉幕後にやっと見つかり”今頃...”って感じになるのかなぁ。

そうだ”2020-8月位に使いたい画像”ってフォルダを作ろう。画像を見ると”あぁ あの日台風が来ていたんだ”って事もいっしょに思い出すだろう。

リオ閉幕式もテレビに映る程の雨が降っていた。小池さんの着物もびしょびしょ。

4年後の大会期間中の台風直撃が今から結構心配。
[PR]
by banpakutantei | 2016-08-29 21:25 | 東京オリンピック | Comments(0)

カウントダウン リオ閉幕。

d0065737_16514233.jpgリオ五輪も後半戦。リオと言えばサンバカーニバル、リオと言えば中森明菜のミ・アモーレ、リオと言えばリオ五輪だけど、もう一つリオと言えば岡本太郎デザイン通称”リオちゃん”。

リオのカーニバルを太陽でイメージしたデザインは大阪江坂にあったレストラン「カーニバルプラザ」のシンボルだった。

2007年の閉店時、廃棄寸前の処を無事保護され同年開催された「'07EXPO'70-わたしと万博-」展、会場手前に設置された。


d0065737_1652423.jpgこの時に保護されなければ、いくつもある太郎の幻のデザインのひとつとされていた事だろう。

吹田万博展から来年で10年。リオちゃんのその後を全く気にしていなかったけど現在はレストランがあった場所近く、やはり太郎作品「みつめあう愛」も近い大阪江坂「豊津公園」にあると言う。

東京や札幌更にミュンヘンオリンピックの参加メダルデザインもした岡本太郎。リオ五輪のご苦労様メダルとか参加記念品にリオちゃんがデザインされた物があったら良いなぁ。太郎デザインのリオ五輪記念品。ケッタイなデザインで死蔵されてしまうか?
[PR]
by banpakutantei | 2016-08-20 03:29 | 万国博 | Comments(0)

カウントアップリオ五輪 2日目。

d0065737_1433439.jpg1/144太陽の塔の続き。テレビなどで本物じゃなくても太陽の塔が出てくると”おぉぉ”ってなってしまう。

上は麒麟の田村さんのお兄さんが経営する小岩のたこ焼き屋「たこ田信玄」に鎮座する、よくあるタイプ。奥にビリケンさんもあるので、大阪を意識したものか。

下は先日放映された”メレンゲの気持ち”にて紹介されたフットボールアワー後藤さんの自宅に鎮座する1/144の御神体。

d0065737_1424063.jpgその両腕は時々奥さんのアクセサリー掛けに使用されているそうだけど、奥さんから理解されないと言う点が私と共通している。

驚いたのが隣には”未来を拓く塔”のミニチュアが...ミニチュアと言っても倍率は結構大きなもので、なかなか見ない。

本物は1988年”ぎふ中部未来博覧会”のシンボルモニュメントとして製作され今も会場跡の岐阜メモリアルセンターに残る。

d0065737_143837.jpg下に時計が付いたものが時々結構高値でヤフオクに出てくる。

最近も55万円で出ていて、しばらく値付かず状態が続いていたけどいつの間にか消えてしまった。落札されたのだろうか?

ミニチュアの時計と言えば銀座数寄屋橋にある”若い時計台”の時計ではないミニュチュア。

一度だけ現物を見た事があるけど、これは借金してでも欲しい。下にライオンズクラブのマークがあるので1966年に設置者のライオンズクラブが記念に作ったものだろう。


d0065737_16101216.jpg(私は)ヤフオクでも見た事が無いけど出品されたなら相当の高値必至ではないだろうか。それなりの数が作られたと考えられるけど50年近く前の記念品。現存数は少ないだろう。

只、記念品って必ずしも飾られるとは限らない。私も時々戴く事があるけど、大抵一度箱から出してから、戻してそのまんまが多い。

岡本太郎ファンでも無ければ手がニョキニョキ出たケッタイな形をしたこのオブジェを飾る訳が無い。箱に入れられたまま相当良い状態で死蔵されているものが絶対ある筈。時計じゃない”若い時計台”。いつか出た時の為に時計台貯金を始めよう。
[PR]
by banpakutantei | 2016-08-07 17:52 | 万国博 | Comments(0)