<   2011年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

カウントアップ エキスポ70パビリオン公開から 50週。

d0065737_22255224.jpg美術手帖と言えば...マニアックすぎるかも知れないし、すぎないかも知れない万博本の話。

41年前、万博に関する書籍が多数出版され美術手帖も他誌と少し視点を変えた臨時増刊を「万博特集号」として刊行した。この臨時増刊号は割と出回っているが、4. 5. 6. 7月号は三井グループ、せんい館、鉄鋼館、ペプシ館を各号で特集している。

最初に見つけたのは確か せんい館の出ていた号。古本屋で何気にパラパラと見ていたら、せんい館が出てきて「あれっ、通常号にも万博特集があるんだ」って。それ以来1970年の背表紙の美術手帖を見つけては万博特集を探した。

この種の雑誌は床から山積みしてある場合も多い。背表紙の1970年の文字を探す。1970年が見つかってもその上には何冊もの雑誌が積まれている。それらをどけ、床に近い高さにある1970年の号をパラパラとめくり、崩した山は又元に戻し一冊づつ揃っていった美術手帖の万博特集。

4.5.6.7と来れば8.9.10.11.12 そして新年号へと...万博者の期待は膨らむ。「万博は続くよ、いつまでも」なんて事は無く、4月の前の3月では始まっておらず...万博特集は4月号で唐突に始まり8月号でパッタリ途絶えていた。何故にこの4ヶ月だけ?選ばれし 4パビリオンの選定基準は?
[PR]
by banpakutantei | 2011-02-27 23:28 | 万国博 | Comments(2)

カウントアップ EXPO70パビリオン公開から 49週。

d0065737_128541.jpg別冊太陽の岡本太郎特集の発売日だと思って書店に行ってみるも今日では無かったらしく...その代わりと言ってはなんだがと言う感じで出ているのを知らなかった美術手帳の岡本太郎特集が並んでいたので中身も値段も見ずに文庫本数冊と共にレジに...。

帰ってきて、合計金額が高かったなぁと値段を見てみると美術手帳は¥1600もしてた(いつもこれ位らしい)けど内容的には大した事は無かった。背表紙の太陽の塔のイラストは良い感じ。

太郎100祭と言う事で色々な書籍が出版される。芸術新潮からも太郎特集が出るらしい。以前のものの焼き直しになってしまうのは仕方の無い事か。発売予定の大きい太陽の塔のフィギュアのメイキングでも載せてくれたら面白そうだけど。
[PR]
by banpakutantei | 2011-02-22 02:19 | 万国博 | Comments(10)

カウントアップ EXPO70パビリオン公開から 48週の2。

d0065737_1105250.jpgこちらは、もう完全に黄金の顔。それ以外には見えない。

万博行って太陽の塔見て感動してマークにしたとしか思えない。
[PR]
by banpakutantei | 2011-02-15 01:18 | 万国博 | Comments(0)

カウントアップ EXPO70パビリオン公開から 48週。

d0065737_021285.jpg頻繁に通る道路脇にずっと置かれているコンテナ。前回の小田100のマークが太陽の塔のフォルムに見えるなら小田急百貨店のマークは黄金の顔に見える。

小田急百貨店も略せば小田100となるが、そう呼ばれてはいない。

両方共、小田原の小の文字が元になっている様にも見える。小田急って創業時は小田原急行鉄道って名前だったらしいし。

小田急のこのマークって最近あまり見ない気もするけど、変わってしまったのだろうか?
[PR]
by banpakutantei | 2011-02-13 00:22 | 万国博 | Comments(2)

カウントアップ EXPO70パビリオン公開から 47週の2。

d0065737_1161512.jpg岡本太郎生誕100年。太郎100祭でもあるが、写真はOdawara100。

小田原100。とは?小田原近郊に現在7店舗展開している小田原百貨店と言うスーパーの事で通称「おだひゃく」の名で親しまれている。

文字にすると「おだひゃく」なのか「オダヒャク」なのか「小田百」なのかは解らない。

万博の事を日本万国博覧会と言う人が少ない様に「おだひゃく」の事を小田原百貨店と言う人も滅多にいない。そのマークは太陽の塔に見えて縁起が良い。
[PR]
by banpakutantei | 2011-02-09 01:37 | 万国博 | Comments(0)

カウントアップ EXPO70パビリオン公開から 47週。

d0065737_23341211.jpg「こんな処に岡本太郎展のチラシが...」って場所からもらってきた販促3点セット。割引券とチラシと何故か電車の中吊り大のポスター。

1車両 岡本太郎の顔と太陽の塔の中吊り広告だらけの電車が走っていたら是非乗ってみたい。
[PR]
by banpakutantei | 2011-02-06 23:40 | 万国博 | Comments(7)