<   2010年 12月 ( 11 )   > この月の画像一覧

カウントアップ EXPO70パビリオン公開から 良いお年をで41週。

d0065737_15582434.jpg「無敗の法則ヒクソン・グレイシー」ダイヤモンド社刊。「大事なのは絶対に負けない事」俗に言う暴露本の類とも違う。PRIDEの無い大晦日。ヒクソン無くしてPRIDEは生まれなかった。

11月はじめ古書店の店頭に早くも9月の終わりに出たヒクソンの本が5冊も積んであった。「おぉ、もうヒクソンの本がこんなに出ている。」と「いくらなんだ?(値段によっては買おうか)」手に取ってみる。

と表紙を開くと何とサインが...。「あれっ、これ直筆?まさか...」と残り4冊を確認してみる。とサインがあるのはこの本のみ。発売記念のサイン会での本が早くも出されたのだろう。

仙人のようなヒクソンのサインを貰う機会なんて、そうある訳でもなし。他の四冊との値段も変わらないので迷わず購入した。

ヒクソンが初期の総合格闘技のマットに上がった時、週間プロレスは彼を表紙にし「エイリアン」に例えた。あの日の高田戦、その後の船木戦。もしも高田が船木が勝っていたら。著書では船木戦では目に相当な負傷をした事も明かされている。

プロレスラーを踏み台にのし上っていったPRIDE。踏み台にされたプロレスよりも魅力的なものが席巻した数年前までの大晦日。そんな大晦日の楽しみも無くなって久しいし、「あぁPRIDEがあったらなぁ」って今日思っている人は沢山いる筈だ。

テレビでは猪木が「紅白をぶっとばせ!」と、かろうじて残る今夜のダイナマイトをあおる。石川さゆりは事情はあるにせよ今年も「天城越え」だし。なんて事を去年も書いたかも。進歩なしだけど来年もよろしく。
[PR]
by banpakutantei | 2010-12-31 18:07 | 今日買った本。 | Comments(0)

カウントアップ EXPO70パビリオン公開から 宵っ張りの41週。

d0065737_391143.jpg「プロレス式 最強の経営」日本経済新聞社社刊。 前回の「金権編集長ザンゲ録」内には、写真の書籍は著者(山本隆司=ターザン山本)が書いたものでは無くゴーストライターによるものと暴露している。

そのゴーストライターとは...「万博大好き」堺屋太一さん。女子プロレスが好きで、どうしてもプロレスの本が書きたいとするも「あなたほどの人がプロレスの本など書くと格を落とすことになる」と周囲からきつく止められていた堺屋さんに「名前を貸してほしい」と頼まれ著者となったそうだ。

ゴーストライター側から見れば「(著者が書けないので)頼まれて書く場合」と「書いた著者が解るとまずい場合」があり、この場合は後者の少し違った形なのだろうか。堺屋さんは、この本の原稿料は不要と全て山本氏にあげちゃったそうだ。

著書では、冒頭、「世界は自由競争の時代に突入しているのに日本の官僚や経営者は本当の意味での自由競争を理解していない。」に続き「堺屋太一さんは日米欧東アジアの四極の資本主義、経済競争のパターンについて面白い話をしておられます。」と続く。なんと...いきなり山本氏とは何の接点も無さそうな堺屋さんが登場。

これは...!観客には正体が解っているのに正体を隠して闘う、覆面レスラーのパターンに近い。有名レスラーが覆面を被って闘う場合、体型や技からその正体が解ってしまう。この場合書いているのは「堺屋だよ」とさりげなく信号を送っているのか。

更に文中には「前田日明が真の格闘技で成功すれば、それを真似ようとするし巨人軍が成功すればみな巨人軍を真似る。万国博が成功すれば、それ以降の博覧会はみなミニ万国博になってしまう。しかしプロレスは...」えっ?万国博が成功すれば...。って。

この本の出版は1995年。この時期に何故万国博を比較対象に持ち出すのか。唐突に出てきた万国博の文字。これは.....出さない様にしていた必殺技を繰り出し正体がばれてしまう覆面レスラーのパターン。

今年3月。エキスポ70パビリオン開館セレモニーに出席された堺屋さん。サインを貰いそこねたけど、頂く機会があれば生活産業館のパンフレットか「団塊の世代」を用意しようと思っていたけど、覆面レスラーとしてリングに上がった、この本に是非頂戴したいと思った。

堺屋さんと生活産業館について書いたブログはこのあたり
[PR]
by banpakutantei | 2010-12-30 05:02 | プロレス 格闘技 | Comments(0)

カウントアップ EXPO70パビリオン公開から よよいのよいで41週。

d0065737_17303367.jpg「そして馬場さんは茶封筒をとりだした!」ショッキングでそそる文字が帯に躍る。こんな本ばかり読んでいては、いかん!と思いつつ売上げに協力している。

ピーク時20万部を発行していた週刊プロレス元編集長が数々のプロレス団体、関係者から金銭を受け取り記事に便宜を図っていたり、ストーリー作りに関与していたと暴露した本。

週刊プロレスを買わなくなって久しい。最近は立ち読みすらしなくなってしまったし週プロの勝負論を見ても意味は無い。

プロレス団体とプロレスマスコミは一心同体。雑誌は興行をあおり、作られた事件をレポートし選手をプッシュする。その結果、興行が盛上れば雑誌も売れる。真実では無い事も沢山、書いてある。

プロレス誌は興行会社の力だけでは足りないプロモーション活動を行う。団体はいかに紙面に載せてもらうか、表紙にしてもらうかが興行収益に直結する。その結果の金銭の受け渡し。

馬場さんから渡された茶封筒の中には50万円入っていたそうだ。「金権編集長ザンゲ録」。ザンゲとはプロレス団体から金銭を受け取って紙面を書いていた事の読者への懺悔なのか、支払った領収書の無い金の件を、これまた金の為に暴露してしまった団体や関係者への懺悔なのか?
[PR]
by banpakutantei | 2010-12-27 01:59 | 今日買った本。 | Comments(0)

カウントアップ EXPO70パビリオン公開から 宵越しの金は持たぬ41週。

d0065737_13343097.jpg「UWF戦史」の3。神保町書泉ブックマート地下プロレスコーナーで見かけるも、約630ページ。その厚さと重さにアマゾンにて注文。

通常この様な場合その厚みを解りやすくする為にタバコを置いたりするが、今年で禁煙も10年目を経過、手元にタバコが無いので健康的なミカンを置く。

全3巻約2000ページ。1次、2次のUWFの短い歴史と比例しない、そのボリューム。クリスマスプレゼントには重量感もあって最適かも知れない。

「この本の為なら、何でも喋ります。」前田の重い口から何が語られたのか?興味深いけど年内読み出しは出来そうもない。
[PR]
by banpakutantei | 2010-12-25 14:31 | 今日買った本。 | Comments(0)

カウントアップ EXPO70パビリオン公開から万博40周年で40週。

d0065737_112011.jpg地デジ化にする気が全くない会社のテレビで、いつの間にか放映日が変わってしまった「カンブリア宮殿」を見る。(と言っても先週の話。)

今日の会社は「シャチハタ」。シャチハタと言えば以前書いた、大阪万博生活産業館に出展を機に大躍進。又大人気を博したパビリオンの記念スタンプの多くを製作した企業。

となれば今日の放送で大阪万博の時の事が出ない訳がない。きっとスタンプに群がる人々。スタンプを押して押して押すホステスさんなどなど。生活産業館の内部の動画なんて、なかなか見る機会も無いのでは無いか。

番組開始から10数分経過....会社の歴史を振り返る。太陽の塔とお祭り広場の静止画登場。「出たぁ...」....ナレーションは「大阪万博にも出展し...」...「各パビリオンのスタンプを...」...「作った」。時間にして数十秒。

その数十秒にシャチハタと万博との関わりを凝縮したまま次のシーンへと...。えっ?これで終わり?ある意味万博動画のワンパターンでもある「世界の国からこんにちは」も流れなかった。

そんなぁ...随分軽く流すではないか...。で...スタンプの握り方に注目。柄の部分をギュッと握るのではなく、こんな感じに...そっと...優しく包むように握るのがシャチハタの正しい握り方のようだ。
[PR]
by banpakutantei | 2010-12-23 02:00 | 万国博 | Comments(3)

カウントアップ EXPO70パビリオン公開から 推薦入学桜咲くで 39週。

d0065737_134160.jpg先日、行った水道橋のプロレスショップには、「一番」の刺繍がしてあるハルクホーガンのガウンが飾ってあった。売り物では無かったが、博物館級の品物。値段を付けるとしたら一体いくらだろう?

次の包みから出てきたのは「ハルクホーガン」の自伝第二弾。自伝の第二弾って...。

第一弾では話足りなかったのか?新たに何か思い出したのか?まさか巻末に小さな文字で この本は第一弾を加筆、改筆、改題したものですなんて書いてありませんように。
[PR]
by banpakutantei | 2010-12-16 02:08 | 今日買った本。 | Comments(2)

カウントアップ EXPO70パビリオン公開から サクサク動くパソコンで39週。

d0065737_29334.jpg次の包みから出てきたのはアマゾンで「こんな物買った人は、こんなもんも買ってます」とお勧めしてくれなかったので知らなかったけどアストロノーツさんが教えてくれて早速注文した「謎解き太陽の塔」。

今や新書一冊でも送料無料。でもレジでカバー掛けたり、売れる様な並べ方で陳列したりなんて書店の手間が掛かってない分を考えると....宅配業者の出荷センターも隣にあって、メール便の大口扱い金額で...なんて交渉をすれば...更にアマゾン出荷センターの大家さんは宅配業者なのかも知れない...なんて事を考えると...案外いけるのだろう。

しかし「太陽の塔はイエスキリストである。」とは一体?未だ何もページを開いていないのでサッパリ解らない。
[PR]
by banpakutantei | 2010-12-14 03:27 | 万国博 | Comments(4)

カウントアップ EXPO70パビリオン公開から 既に39歳を超えている桜庭で39週。

d0065737_152427.jpg殆ど全品、送料が無料となったので安い本でもポツポツと頼み、気が付くと毎日の様にアマゾンからの荷物が到着していたりする時もある。

到着したまま、ほったらかしにしておいた、ひと山を休日に まとめて開けてみれば「あぁ、そう言えば注文していたなぁ」って事になる。洋書の写真集なんて直ぐに来ない事が多いので「あれっ、これ何時注文したんだっけ」って事になる。

その分、何が出てくるか開ける楽しみもある。今日開いたら出てきた「EXPO70パビリオン公式メモリアルガイド」。

内容に目新しさは無かったけど、紆余曲折し生き残った鉄鋼館がEXPO70パビリオンになるまでの経緯が書かれた前説は良かった。

本来、EXPO70パビリオンと言う現地で購入し記念スタンプでも押したら良いのだけれど、しばらく行けそうに無いので...。開ける楽しみがあると言っても開けた後のゴミの始末は結構面倒なものでもある。
[PR]
by banpakutantei | 2010-12-13 01:37 | 万国博 | Comments(0)

カウントアップ EXPO70パビリオン公開から 桜庭のサクで39週。

d0065737_233314.jpg午前中の小田原駅近く。ゾロゾロ歩いてくる集団が...。

何だ?何だ?と見てみると 地井さんが散歩していました。
[PR]
by banpakutantei | 2010-12-11 02:39 | 小田原 | Comments(0)

カウントアップ EXPO70パビリオン公開からサハラ砂漠で38週。

d0065737_1445951.jpg今年も行われるイルミナイト万博...と毎年行っている様な書き出しをしているけど一度しか行った事が無い。

今年は沢山の風船がプカプカと浮き太陽の広場が銀河系の様な幻想的な空間になるそうだ。

明かりの灯った風船はまるで消えていったパビリオンの魂に見える。パビリオンの形は無くなっても、その魂は地中に眠っていたかの様だ。

あれは2007年。閉幕以来、万博公園にスイス館のあかりが灯った感動的な光景は忘れられない。

なんて事を思い出したら行きたくなって来たけど、こんなクリスマスシーズンに大阪一人旅なんて無理だしイルミネーションを男ひとりで見に行ってもねぇ。

前回 奈良旅行の帰り、嫁さんをそそのかし、言いくるめ更に難波でお買い物の特典を付けて行った2007 のイルミナイトのブログはこちら
[PR]
by banpakutantei | 2010-12-04 14:22 | 万国博 | Comments(0)