<   2010年 09月 ( 11 )   > この月の画像一覧

カウントアップ EXPO70パビリオン公開から もう えっ?28週。なの。ですね。

d0065737_1357644.jpgそこに、この日、羽田空港二つ目の太陽の塔を目ざとく発見したのだった。

最初はお祭り広場の横長の写真と下の部分が別々の写真なのかと思った。程、大きな写真。見づらいけどTOKYO AIRPORT GIFT SHOPと表示の上の場所には当時 こんなに大きな万博開幕式のお祭り広場の写真が飾られていたのが解った。

羽田空港も様変わりし、この場所が現在の何処なのかは解らないけど、多くの写真の中から選ばれし20枚程度の写真の中に選ばれし、万博写真。

多分閉幕後は、間もなく取り払われてしまったのだろうけど、お祭り広場の写真が飾られていた空港の1シーンは羽田空港、ベスト?20位の内の1シーンでもあり、極めて短い期間での1シーンでもあった筈だ。
[PR]
by banpakutantei | 2010-09-26 14:57 | 万国博 | Comments(0)

カウントアップ EXPO70パビリオン公開から えっ?もう28週。なの。

d0065737_1305368.jpg羽田の太陽の塔の続き。「乗り遅れるぅぅぅ」と搭乗口まで走る、もしくは走るのと同じ様な速度で歩く、あるいは動く歩道を疾走する。そんな場合が多い。

珍しく時間があったので空港内をプラプラと、してみたら。ある一角にHANEDA HISTORYと、それ程多く無い枚数の昔の羽田空港の写真が飾ってあるのを見つけたので覗いてみると。
[PR]
by banpakutantei | 2010-09-26 13:23 | 万国博 | Comments(0)

カウントアップ EXPO70パビリオン公開から 遂に27週の4。

d0065737_2073950.jpg無言の息子に一つ。

と言う訳ではなく パスワードを間違えたりして戻るを繰り返しショッピングカートに何故か3個入ってしまった注文確定ボタンをプチンと押してしまった為でもある。

プチンとボタンを押したのと、注文合計金額が7500円位で、「あっ、いけない数多すぎ」と気が付いたのは、ほぼ同時でもあったが、動き始めた人差し指の動きを止める事が出来なかった。注文は一瞬でピューンと飛んで行った。

そんな訳で3個届いた太陽の塔。一つは箱から出して飾り。もう一つは箱から出さずに飾り。そしてもう一つは...どうしようか考え中でもある。
[PR]
by banpakutantei | 2010-09-18 20:24 | 万国博 | Comments(14)

カウントアップ EXPO70パビリオン公開から 遂に27週の3。

d0065737_2024937.jpg「いつもより大きな箱で何が届いたのかと思ったら...」とあきれる 嫁さんにも ひとつ。
[PR]
by banpakutantei | 2010-09-18 20:03 | 万国博 | Comments(2)

カウントアップ EXPO70パビリオン公開から 遂に27週の2。

d0065737_19574855.jpg「マジ、いらない。」と言う娘にひとつ。
[PR]
by banpakutantei | 2010-09-18 18:44 | 万国博 | Comments(0)

カウントアップ EXPO70パビリオン公開から 遂に27週の1。

d0065737_19593275.jpg6個は入る箱に入って届けられた3個の太陽の塔。
[PR]
by banpakutantei | 2010-09-18 18:41 | 万国博 | Comments(0)

カウントアップ EXPO70パビリオン公開から 既に26週と3日。

d0065737_1312138.jpg6個は入りそうなダンボールの中に、この日発売された1/350スケールの太陽の塔が3個入っていた。遂に来たか。

遂に来たかの”遂に”は 手元に到着したと言う意味では無く この様にクオリティの高い太陽の塔のモデルが発売される時代が来たと言う意味だ。万博40周年。この精巧さに到達するのに、これだけの時間が必要だったのかも知れない。

1/350のスケールとなっているけどこれを、350倍しただけでは到達出来そうも無い程、現実品は大きい 。
[PR]
by banpakutantei | 2010-09-17 03:03 | 万国博 | Comments(0)

カウントアップ EXPO70ホール公開から もう26週と2日。

d0065737_2103372.jpg今日...正確には昨夜。帰宅すると置いてあったアマゾンからの荷物。いつもの箱と比べたら相当大きい。

解ってる。解ってるって...。アマゾンが、例えば2センチ位の厚さの本を注文した時でも10センチ位の高さのダンボールに入れてくるって事を...。中身の五倍位の高さのダンボール。2センチ位の本と約3ミリの台紙をコンマ何ミリのビニールで熱収縮。それを約7.7センチ位の体積の空気と共に送って来る事を...。

きっとアマゾンは、それ程多く無い種類のダンボールで梱包を運用しているに違いない。今日の箱の中身が、いつもと違って本やCDじゃ無いって事も解っている。きっとこれは、以前予約注文していたアレ。見本で見た限り流石の出来栄え。

未だか未だかと言う程に指折り数えて待っていた訳では無いが...そろそろ...そろそろ来る頃だよねぇ楽しみだよねぇ。って位には待っていたもの。

そして、そのダンボールが、多分アマゾンでこれと同じものを頼んだ人より背が高くて大きい理由も....解っている。
[PR]
by banpakutantei | 2010-09-14 02:45 | 万国博 | Comments(5)

カウントアップ EXPO70パビリオン公開から25週と3日。

d0065737_073398.jpg羽田空港にも太陽の塔があるらしいって事は知っていた。でも、岡本太郎の太陽の塔では無いらしい。えっ?同姓同名さん?気になる。

飛行機に乗るでも無くわざわざ羽田に行く用事も暫くなかったが久々に本来の乗ると言う目的の為、羽田に行った。

それが空港の何処にあるのか解らなかったけど、今回初めてバスでアクセスした処、降りた場所に同姓同名さんはアッサリと建っていた。建っていたと言うよりも立っていたって感じ。

でもこの場所って何度か通った事もある筈。気付かなかった。それは同姓同名さんが「太陽の塔」と言う壮大な感じ迄は感じなく、「太陽の棒」位の感じでもあったからか。

大阪万博、太陽の塔は今は無きエキスポタワーと向き合っていたけど、此処の同姓同名さんは「月の塔」と言う感じの棒と向き合っている。エキスポタワーを月の塔と見るならば、それはそれで、そうだと思う。
[PR]
by banpakutantei | 2010-09-08 02:06 | 万国博 | Comments(2)

カウントアップ EXPO70パビリオン公開から 25週。

d0065737_18501786.jpg9月に入っても夏真っ盛り。岐阜では何と39度を記録したと言うではないか。

トワエモアの♪今はもう秋 誰もいない海♪と口ずさんでも、似合わない、暑い湘南海岸を平山三紀の♪真夏の出来事♪と♪熟れた果実♪を聞きながら走る。海に浜辺に未だ沢山の人がいる。

渋滞の中、♪砂浜で戯れてる焼けた肌の女の子達 俺は修理車を工場へ運ぶ渋滞の中♪で始まる浜田省吾の「八月の歌」を聞いている人も多いだろう。この歌を聞くと、夏の渋滞した134号線を思い浮かべる。

前回、エンジンをかけた時、指していた外気温43度は本日、走行時36度。毎年、何処か他のCDケースに紛れ込んでしまう♪ミスターサマータイムもハードディスク搭載車となったので、いつでも聞きたい時に聞く事が出来る。

9月に入って聞いても、全く違和感の無い、この曲とサングラス無しでは、眩し過ぎる強い日差しの下、海の家の解体作業は真っ盛り。海の家は何故、海の店では無く、”家”なのだろう。ビーチハウスのハウスから来ているのだろうか?

この浜辺では、いくら暑くても8月31日をもって営業終了の様だ。冷夏や台風に泣く年もあるだろうが、今年は相当、ウハウハだった筈。暑さの続く限り営業したかったのではないか。

湘南海岸では海の家と言うよりもビーチハウスと呼んだ方が似合う洒落た建物も多い。夏の終わりと共に解体される海の家。期間限定の仮設の建物。それは....そう万博パビリオンと同じ定め。

夏を祭りに例えるならば、海の家の解体は祭りの終わりの雰囲気を漂わす。たった二ヶ月の為に作られた浜辺のパビリオン。それが海の家。只、万博パビリオンと違うのは海の家は来年もきっと此処に出現するって事。

未だ未だ 凄く声が出る 平山みきさんの真夏の出来事
[PR]
by banpakutantei | 2010-09-04 22:06 | 万国博 | Comments(0)