<   2010年 03月 ( 14 )   > この月の画像一覧

カウントアップ EXPO70パビリオン公開から 2週間と4日。

d0065737_1275194.jpgOさんから毎月送っていただいている万博公園だより。今月の表紙は春を告げる太陽の塔と桜。淡いピンクでいっぱいの表紙。Oさん、いつもありがとう。

公園だよりも何と今号で372号。12で割れば実に31年も発行されている事になるから万博10周年位から発行されているのか。

継続は力なり。で最終面を見ると来月より、公園だよりも大きさとレイアウトがリニューアルされるそうだ。以前は細長のもので、この形になってから未だ数年だと思う。

桜と言えば万博マーク。万博マークは大阪万博の代名詞。万博記念公園に咲く桜は他の何処に咲いている桜より特別な桜だと思う。

そんな特別な桜の下、太陽の塔を眺めながらの、お花見をする機会は未だ無いが昨年は岡本太郎美術館の脇の高台でお花見をした。万博とも岡本太郎氏とも全く関連の無い方々との宴だけど、私を含む参加者にとって、その場所は偶然では無く必然の場所でもあった。今年は3日が予定されている。

昨日、箱根では雪が降った。既に咲いている近所の桜の木の下を屋根に雪を乗せた車が走っていった。桜に雪。そうだ、あれば万博開幕の日。万博マークの桜と積もった雪。そんな風景がオーバーラップする。

今週末、暑いのか温かいのか?寒いのか涼しいのか?はたまた丁度良いのか?サッパリ解らない。着る服を選ぶのに困る。かなり。
[PR]
by banpakutantei | 2010-03-31 02:42 | 万国博 | Comments(0)

カウントアップ EXPO70パビリオン公開から 2週間。

d0065737_1131988.jpg今日から太陽の塔 黄金の顔の目が夜間常時点灯とのニュース。開催時の万博ビームとは違うけど以前の電灯の点灯よりも良い感じ。

セレモニーの写真を見るとレーザー光線に花火。レーザ光線がカッコいいし花火も綺麗。

当然現場で見る事は出来ない。訪れた3.13にやって欲しかった。EXPO70パビリオン公開時、EXPO70ホールから持ってきた模型の太陽の塔で一足早く点灯していた。以前書いたかも知れないけど、この会場模型は本当に素晴らしい。

万博40周年を迎え、EXPO70パビリオン公開や黄金の顔点灯など以前では考えられなかった事が起きている。

万国博ホール、美術館解体から5年。万博ビームの先にあったエキスポタワー解体から早7年。万博閉幕から30年以上残っていた貴重な建築物たち。今だったら、もしかして生き残ったかも知れない。
[PR]
by banpakutantei | 2010-03-28 01:35 | 万国博 | Comments(4)

カウントアップ EXPO70パビリオン公開から約10日。

d0065737_142842.jpgエキスポ70パビリオン公開から早一週間。カレンダーは連休となっているが今日あたりの来館者はどうだったのだろう?

一週間前、公開2日目の日曜日は、初日に引き続き、かなりの人出だったらしいけど...。そろそろ、ホトボリも冷めただろうか?と言っても公開一週間で早くもホトボリが冷めてしまっても困るけど来場者が一巡した後が正念場。平成生まれの関西の子供達の遠足などを勧誘して行かなければならないだろう。

エキスポ70パビリオン入場には記念公園入場とは別に¥200必要となる。初日、記念式典での内覧と言う形で入館した為、券がどんなデザインなのか解らない。

この入場券に連番が入っていたとしたら記念すべき1970年の0001970番は初日あたりに出てしまったかも知れない。次の記念番号、 開幕日まで含んだ19700314になると1900万人突破となるので未だ未だ先の話となる。

大体そこまで連番が打てる様になっているか?不明。それよりも先に835882はどうか?1970年9月5日、万国博の一番長い日の入場者数だ。64218770、日本万国博覧会総入場者数の記念番号は更にもっと先。そこまで記念館があるか?それがもっと心配。
[PR]
by banpakutantei | 2010-03-25 03:26 | 万国博 | Comments(2)

カウントアップ EXPO70パビリオン公開から1週間と数時間。

d0065737_1234255.jpg鉄鋼館スペースシアター前から太陽の塔を望む。このガラス越しの太陽の塔も、今まで見る事の出来なかった景色。

これまで鉄鋼館の前、厳密に言えばスペースシアターの入口が見える場所に来ては閉ざされた建物の扉のガラス越しにスペースシアターの方向を覗き込んでいたものだ。

ガラスとスペースシアター入口との距離約15メートル位。その先に閉ざされた空間への扉があった。

ある時は顔をくっつけ、ある時はカメラをくっつけ、またある時はムービーでズームして扉の内側の様子を覗ったものだ。あと数歩で到達する距離を隔てるガラス。その距離感はガラスの厚みの数倍もあった。

どうしても縮まらない距離。手を足を伸ばせば届きそうなその先にある幻の空間に念を送り続けた。「少しでも近くに..」。この念力がガラスに、より強く顔をカメラをムービーを押し付けさせた。嗚呼..万博”祈念”公園。

2010年、3月。念は通じた。”案ずるより産むが易し”を”念づれば生むが安し”だと思っていた。今私は押し付けた顔の後が残っているかも知れないガラスの内側から太陽の塔を眺めている。
[PR]
by banpakutantei | 2010-03-20 14:18 | 万国博 | Comments(0)

カウントアップ EXPO70パビリオン公開から2日と数時間。

d0065737_149589.jpgカウントダウンの後は必然的にアップとなるだろう。自然な成り行き。景気の持ち直しのグラフのごとし。今回撮影した沢山の写真にツイッター並みの短文を添えれば、何処までも上昇気流に乗れそうでもある。

待ちに待ったEXPO70パビリオン公開。何時消えたのか解らないけど開催当時に鉄鋼館STEELPAVILIONの文字があった場所には万博マークとEXPO70パビリオンの文字が付いていた。

万博マークとEXPO70とパビリオン。万博三大神器の単語を授かった鉄鋼館。プロレスで言えばNWA、AWA、WWWF統一王者の称号の様なものだ。

3週間前には無かったのでここ数日の間に付けられたのだろう。もう鉄鋼館と呼ばれないのだろうか?少なくとも旧鉄鋼館って呼び方をされそうだ。

2010年。3点イチサン。よし坊さんの御好意で記念式典に列席させて頂く事となった。この日のイベントの取材か否か解らないけど朝から夕方の様な空には、ヘリコプターも飛んでいた。

記念式典、鉄鋼館ホワイエに大音量で流れる三波春夫先生「世界の国からこんにちは」は凄く感動的だった。「1970年のこんにちは」。本当に1970年に”こんにちは”をした感じで胸が一杯になった。この日のイベント用に直線に敷かれた演台と客席を結ぶ白いじゅうたんは40年の時をつなぐ、道の様でもあった。
[PR]
by banpakutantei | 2010-03-16 03:12 | 万国博 | Comments(6)

カウントダウン EXPO70パビリオン公開まで あと少し。

d0065737_455461.jpg起きる事が出来るか凄く心配で眠りが浅かったので何とか起きる事が出来ました。

頭の中には映画 日本万国博覧会の最初のシーン。朝もやの中を静かに走るモノレールが浮かんでいます。
[PR]
by banpakutantei | 2010-03-13 05:04 | 万国博 | Comments(2)

カウントダウン EXPO70公開まで あと数時間と数分2。

d0065737_2314274.jpg帰宅したのが12時過ぎで只今夜中の二時過ぎ。出発まであと数時間ですが起きる事が出来るか凄く心配です。
[PR]
by banpakutantei | 2010-03-13 02:32 | 万国博 | Comments(0)

カウントダウン EXPO70パビリオン公開まで あと数時間と数分。

d0065737_1261349.jpg万博40年との関連は、ないけれど万博当時の内閣総理大臣 佐藤栄作さんも紙面を飾ってる。

子供の頃、総理大臣と言えば佐藤栄作さん。万博開会式では佐藤さんが挨拶していた。佐藤さんは万博名誉会長でもあった。

”万博名誉会長”...良い響きだ。 なろうと思ってなれる訳ではない。万博記念公園の日本庭園の茶室「汎庵」の扁額は佐藤さんの書によるものだし佐藤さんが植えたクスノキも万博公園内にあるだ。

万博総理、佐藤さんの次は田中さん。平凡な苗字が続くが共に名前に栄が入っている。
[PR]
by banpakutantei | 2010-03-13 01:46 | 万国博 | Comments(0)

カウントダウン EXPO70パビリオン公開まで あと24時間と数時間。

d0065737_1312117.jpg万博40年を控えテレビや新聞には万博の文字が所々、躍る。

日本万国博覧会開会まで、あと24時間と”数10”時間。40年前の今頃...その何倍もの数の万博の文字が日本中で躍っていたことだろう。
[PR]
by banpakutantei | 2010-03-12 03:06 | 万国博 | Comments(2)

カウントダウン EXPO70パビリオン公開まで あと48時間と数時間。

d0065737_2243868.jpg下と今回の写真。共にEXPO70ホールのサイン。これらも、もう直ぐ取り外されてしまうのだろう。いやもう取り外されてしまっているのかも知れない。確認したのが19日と数時間前だから...。

EXPO70の記念品を納めた部屋のサインはEXPO70以降に作られたものだけどEXPO70の記念品の仲間入りとなった。
[PR]
by banpakutantei | 2010-03-11 03:16 | 万国博 | Comments(0)