<   2009年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

「はぁ、はぁ」.....。ちょっと一休み。

d0065737_2242810.jpgいつも一休みばかりしているこのブログに”ちょっと一休み”の題名はおかしなものだが、しあわせの森で「はぁはぁ」したので一休み。

いつもの昼。一日最大50分しか機能しない会社食堂のテレビ。ためしてガッテンや大河ドラマ、大相撲や紅白を見る事の無いテレビ。月約18時間しか受信しないアンテナにもNHKの受信料は平等に請求されてくる。大抵の会社のお昼にNHKニュースが流れているのは至極当然の事なのかも知れない。

18時間掛ける12ヶ月。年間約216時間しか映さない”ブラウン管厚型”テレビにもデジタルハイビジョン化の波がやって来る。未だデジタル対応していない画面の右上には”アナログ”の文字が映る。


テレビが白黒からカラーに移行していった昔。番組も全部がいっぺんにカラー化された訳ではなかった。カラー番組には画面の右上には”カラー”の文字が出ていた。カラー放送していても白黒テレビでは当然白黒でしか見る事が出来ない。右上にカラーの文字が出ている番組を白黒テレビで見ている時、「ああこれを今カラーで見ている人がいるんだなぁ」と羨ましかった。

新聞の番組表にもカラー番組にはカラーの表記がしてあった。先日再放送されたサザエさんでもカラーテレビがやって来たと大騒ぎしていた。テレビのカラー化が進んでも”白黒でもいいやっ”て家は白黒テレビでも良かったが”アナログでもいいやっ”って人でもデジタルにしないとテレビを見れない時がやって来る。

それぞれの”ふるさと”にそれぞれの”一番”がある。昼のニュースの後始まる”ふるさと一番”の画面右上にに映る”大阪 吹田”から生中継にグッと引き付けられる。大阪吹田となれば当然万博。万博記念公園からの中継か?

万博記念公園からの中継は数年前にもやったが...さては来春リニューアルオープンの鉄鋼館か?「会場に残る唯一のパビリオン鉄鋼館内、幻の空間スペースシアターでは只今来春一般公開に向けての改修が行われています。今日は特別に中にお邪魔させていただいています。」

ヘルメット姿のアナウンサーとゲストが映って来る筈だった。テレビにグッと近づいてみればグッと田んぼが迫って来た。番組サイトには

復活!われらが吹田くわい~芽が出ている形から、縁起がよいとされ、お節料理などで親しまれるくわい。中でも大阪府・吹田市の特産物「吹田くわい」は小ぶりで、栗のような甘みがあることから、江戸時代には宮中に献上されるほど重宝がられた。しかし、急速な宅地化などの影響で収穫量が激減。地元保存会が市民に種芋を配布し、バケツを利用した吹田くわいの家庭栽培を行うことで種を繋げてきた。

現在市内で8軒しかない吹田くわい生産農家のうちの一人、平野紘一さんの畑では今が収穫の最盛期。地中に埋まっている吹田くわいの芋を鍬で堀起こし、手探りで拾い上げる作業が行われている。収穫から出荷までの作業は市のボランティアや地元の大学生らも参加し地域一体となり郷土野菜の復活に力を合わせている。番組ではふるさとの味を普及させるため試行錯誤を続ける人々の思いを伝える。 となっていた。

なぁんだ万博公園ではないのか。まっ最後に太陽の塔遠景でも映るかも知れないからと見ていると登場してきた”ゆるキャラ”のぬいぐるみ。名前は”すいたん”と言うそうだ。吹田だから”すいたん”。至極もっともな名前ではある。”すいたん”は吹田市の名産 吹田くわいをモチーフにし生まれたキャラクターなのだそうだ。

今日大抵のイベントに登場するシンボルキャラクター。大阪万博の時には無かった事だ。海洋博にも無かった。つくば博には..あった。花博には...あった。あったと言うより いた。か。愛地球博。(ガチャピン&)ムックに似た森蔵&ついピッコロと呼んでしまうキッコロ。キャラクターなどいなくて桜の万博マークだけだったのが大阪万博の重厚感をつくっている。

何故当然の様にイベントキャラクターは生まれてくるのだろう。「さてマスコットキャラは」と当たり前に作っているものがイベントに安っぽさをイメージさせたりする。つぶしの利かない安キャラのデッドストックって沢山ある筈だ。

みうらじゅんさんによって確立された”ゆるキャラ”と言う呼称。特産品などを無理やり擬人化するので、その殆どがゆるい。何だか解らない。真面目に作っているので余計に”変”と紙一重。明らかに”変”。名前も無理やり付けた感。ゆるキャラをならぬ安キャラ。そんなものが多い。奈良の"せんとくん"の様に”気持ち悪い”とか”けしからん!”とその効果を逆に上げて来るものもあるが今後事業仕分けで”こんなキャラクター制作費はいらない”とカットされるものも出てくる筈だ。

さて我が町小田原は、どんなキャラクターだっただろう。と調べてみれば”うめ丸”。そう言えば一時期良く見た。”梅丸”でも”梅まる”でもない。せめて”梅○”って名前が良かったのに。名産品カマボコので作り名前を”おかまちゃん”にでもして”けしからん!”と言われた方が効果が上がっただろう。梅○はこちら

”すいたん”の事はこちら。吹田市は市制70周年なのだそうでキャッチフレーズも”70年 輝く吹田ゆめ未来。"となっている。1970年大阪万博をイメージする素晴らしいフレーズだ。


デジタル化にも”地デジカ”と言うキャラが存在する。せんとくんと地デジカ。二大鹿キャラ。せんとくんは角そのものが気持ち悪いと言われ、地デジカは角が電波に変わっている。そして”すいたん”の頭にも何か生えている。これは...。調べてみると吹田くわいの芽の様である。

大体”くわい”と言うものを知らなかったので”すいたん”が”くわい”の変身した姿だなんて全然解らなかった。なぁんだ。頭には、てっきり太陽の塔が生えているのかと思った。生やすのは太陽の塔であって欲しかった。”気持ち悪い”と言われても、”けしからん”と怒られても絶対に話題になった筈だ。
[PR]
by banpakutantei | 2009-11-29 05:12 | 万国博 | Comments(0)

しあわせの森で「はぁはぁ」する。関西幸せ探して。

d0065737_12372436.jpg万博本を見ていたらソ連館の前にしあわせの村にあったものに似たものを見つけた。だからおじさんの言った「万博の時のものかどうか解らんが」と言うのはあながち間違いと言う訳ではないかも知れない。

万博会場内には沢山の金属の彫刻があった。万博記念公園にもその一部は今でも残っている。移築されたものも幾つかある。パビリオンは消えても彫刻は残っている。

これも誰の作品か何という題名か解らない。単なる棒なのかも知れないソ連館の前にはソ連邦と記してある。ソ連邦の前にある棒なのでソ連棒と言う名を付けてみた。

ソ連棒の前では子供が遊んでいる。着物の女性が座ってお弁当を食べている。万博本を見ていると着物姿の中高年の女性が沢山写っている。M・T・S・H、何かに生年月日を記入する欄に○を付けるとしたらTあたりの方が多いのかも知れない。

「お出かけには着物。」この動き難い服装も昔の人にとってはスタンダード。今では殆ど見かけないこの光景も大阪万博がいかに昔の事だったのを物語る。開幕一ヵ月後、我家の先陣を切って万博見物に出掛けた今は亡き婆さんも着物で行った可能性が高い。

名も無き人の名も無き作品。名のある人であっても多分私の知らない人だろう。もしかして単なるオブジェであって彫刻でも無いのかも知れない。元々、現代彫刻と言うものもサッパリ解らない。材料を彫って刻むものが彫刻なのだと思っていたが、この様なものも彫刻と言うのだそうだ。なるほど近くにある箱根彫刻の森にも、この様なものが沢山ある。光の彫刻って言うのも良く聞くし。

おじさんは「他にも彫刻が幾つか並んでいる通りがある。(あんたが探している物があるのは)そこかも知れん。」とも言っていた。初夏。いきなり暑くなるので体感的には真夏。万博記念公園よりも狭いけど広大な敷地を「はぁはぁ」しながら歩く。全高21メートルでも20メートルでも良い塔は未だ視界に入ってこない。
[PR]
by banpakutantei | 2009-11-22 14:08 | 万国博 | Comments(4)

万博公園より広くない場所で万博遺跡を探す。関西幸せ探して。

d0065737_1932017.jpg探し物は何ですか?見つけ難い物ですか?夢の中へ夢の中へ行って見たいと思いませんかぁあうふふ。さぁぁぁ。

探し物は簡単に見つかる筈だった。それが...。下調べもろくにせずにやって来たこの広い村。大体、村内にある、どのバス停で降りたら良いのやら?

イメージとしては村に入るとすぐに目の前に現れて来るのかと思っていたそれは大阪万博 ヨーロッパ共同体、EC館のステンレスオブジェ。高さ約21メートルの万博遺跡を見つける事は簡単な事だと思っていた。

とりあえず終点ひとつ前で降りてみた。そこにあったものが前回の写真の看板。そこにはきっとあのオブジェのイラストが描かれていると思っていた。しかし...目的のその物体の絵が何処にも描かれていない。そんな...。この公園、いや村にとってあれはそんな存在なんだな。と感じたが良くある事でもある。

周囲をぐるっと見廻してみる。無い。見覚えのある、あの形が視界に入ってこない。近くにいた警備員の方に訊いてみた。「あのぉ、高さ20メートル位、正確には21メートル位。まぁ1メートル位の差はどうだって良いのですが。背の高いステンレスの塔がこの公園、いや村。公園でも村でも良いのですが..何処かに建っていないですか?おおさか ばんぱくの時の物なんですが...。」

「いやぁ、解らんね。おおさかばんぱくの時のねぇ。」半分予想された返事だった。それよりも...EC館のオブジェが此処にあるのか?あれはどこで知った情報だっただろう。それすら忘れてしまっている。聞いたのは結構前の話だ。こんな神戸の山中にやって来て目的のものが無いなんて事は?

「あそこの建物に事務室みたいなものがあるので訊いてみたら。」と教えられた事務室みたいな部屋にいた男性に訊いてみた。「大阪万博のかどうか解らんが、あれの事かなぁ。確かにステンレスのもんが建っとる。」教えられた場所に行ってみる。「.......。」

「違う。違うよぉ。確かにステンレスのオブジェだけど。20メートル位の高さで、正確には21メートル位。まぁ1メートル位の差はどうだって良いんですが...そんなものが建って無いですか?って訊いたじゃないですか。これは、どう見ても3メートル位じゃないですか。」

教えてくれた場所には写真のオブジェが建っていた。もしかして地中には17メートル位埋まっているのかも知れない。正確には18メートル位。まぁ1メートル位の差はどうだって良いんですが。
[PR]
by banpakutantei | 2009-11-09 02:08 | 万国博 | Comments(2)

しあわせの村で幸せ探し。関西幸せ探して。

d0065737_1229756.jpg関西幸せ探しは”そして神戸”。幸福(しあわせ)神社から"しあわせの村"へ。幸せ探しは、しつこく続く。三宮駅からバスで約30分。バスは神戸の山を奥へ奥へと登る。今回も「いやぁ、また随分と遠くに来てしまったものだ。」を実感する。

しあわせの村は、神戸市が1989年に開村した福祉公園で園内には、各種スポーツ競技場・キャンプ場・宿泊施設、リハビリテーション病院や高齢者・障害者を対象とした福祉サービス施設がある。バーベキューサイトや温泉などもあり、市民が余暇を過ごす場となっている。過去には国体の会場ともなったそうだ。

この村の広さを、あまり調べずに訪れたが何しろ広い。バス停が数箇所もある場所だった。広さは205ヘクタールだそうだ。大阪万博記念公園の広さは総敷地面積は264ヘクタールで、甲子園球場の約65倍の広さに相当するそうだ。

甲子園球場何個分とか東京ドーム何個分と言った表現は良く使われるが、甲子園球場何個分の方が多く見かけるのは甲子園が広い球場の象徴だからなのだろう。只、実際の処 65個分と60個分 更に40個分や35個分の広さの違いって実感出来ない。大体、甲子園球場に行った事が無いから余計実感出来ない。私の中での甲子園はドカベンの中にある。

でも20個分以上になると、何個分でもいっしょの感覚になるのでは無いか。ちなみにこの村は甲子園球場の約51倍と言う事になる。

しかし...。万博記念公園よりは狭い。良かった。何が良かったかは解らないが良かった。大体、甲子園の何倍と言うよりも万博記念公園の何分のいくつ、万博公園と比較してどうなのか?が感じを掴む基準となっている。凄く広いけど万博記念公園よりも広くない この村に何があるのか?
[PR]
by banpakutantei | 2009-11-01 18:45 | 万国博 | Comments(0)