<   2009年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

”迷わず行けよ 行けばわかるさ。”関西幸せ探して2。

d0065737_19335873.jpg幸福神社と書いて”しあわせ神社”と読む。赤い↑が幸福へ導いてくれそうな気がする。

道に迷った時...一口に道に迷ったと言っても、例えば人生の岐路に迷った時から単純に道路が解らなくなった時まで様々だ。そんな様々な道に迷った時に浮かんでくるのはアントニオ猪木によって広められた”道”と言う詩である。

一休宗純の言葉(又は清沢哲夫の詩)として引退セレモニーで詠んだ”道”。猪木信者であるならば誰でもスラスラと全文を唱える事が出来る猪木座右の銘。信者にとって猪木イズム継承の詩。経典と言っても良いだろう。

”この道を行けばどうなるものか。危ぶむなかれ危ぶめば道はなし。踏み出せばその一足(ひとあし)が道となり、その一足が道となる。迷わず行けよ 行けばわかるさ”

”迷わず行けよ 行けば分かるさ”と口ずさんでも多くの電柱に、この案内が付いているので迷う事はないが幸福神社と言う名の未知なる空間に向う我は、この詩によって”その一足(ひとあし)”を踏み出していた。我は今幸福神社に向っているが浅草花やしきには以前 猪木闘魂神社と言うものもあった。

教祖・猪木に猪木信者。「猪木を信じよ」は週刊ファイトの故井上義啓氏の著書である。”迷わず行けよ 行けばわかるさ”と”その一足を道にして”やっちまった...。”って経験は何度かある。 ”行ってわかった......。” その辺りは、この詩を広めた”教祖”と重なる部分でもある。しかし”人は歩みを止め挑戦を諦めた時 年老いていく”(この詩の前説)ものなのである。

あの日ローマコロシアムの彼方に消えた燃える闘魂。あれから早幾年月。今日のプロレスと言うジャンルの衰退をあの時誰が想像しただろう。思い返せば、あの日プロレスは終わっていたのか?

衆議院も解散し、いよいよ選挙。出馬予定者の肩書きを見てみれば人様々である。参議院議員に至っては、もっと様々である。元や前○○大臣、議員に並んで、元議員秘書、アナウンサー、会社役員、弁護士、タレント、元オリンピック選手、元プロ野球選手、元Jリーガー、元力士などなど。そして...プロレスラー。

タレント議員は良く使われる単語だが元秘書議員とかアナウンサー議員、会社役員議員やオリンピック選手議員とは、あまり聞いた事がない。タレントにだけに許された特別な呼称である。

猪木がレスラー初の議員となった選挙。国会に卍固め。消費税に延髄切り。あの年、大量の猪木ファンの票がスポーツ平和党に行った筈だ。

プロレスラーと言う肩書きの下に今回出馬する馳浩氏であれば第五代IWGPジュニアヘビー級王者 得意技ノーザンライトスープレックス。元議員 大仁田氏であれば元NWA世界ジュニアヘビー級王者 電流爆破デスマッチ特許申請。現職 神取忍氏であればミスター・女子プロレスなどと付く事は無い。 一般の方にはピンと来ない経歴だが、ピンと来ない経歴は他の立候補予定者にも色々付いている。

様々な経歴と資質そして能力。政治家になろうとするレスラーの資質とは何なんだろう?厳しい技を受けきる打たれ強さなのか?”相手の傷み”を知る互いの信頼感なのか?暴露本から伝わってくるプロレス界のドロドロさ加減と政界は似ている気がする。そんなドロドロした世界で生きてきた経験値なのだろうか?

経典 ”道” アントニオ猪木さん。
[PR]
by banpakutantei | 2009-07-26 01:03 | 万国博 | Comments(0)

紅白で歌って欲しいのは”愛しつづけるボレロ” 。関西幸せ探して。

d0065737_1411984.jpg「探していたんだよ、小さな倖せを」とは五木ひろし ”倖せさがして”のサビの部分。

「あなたのために 生まれてきたのとおまえははじらい 小指をからませる」と始まる。女性では絶対に書きそうもない歌詞。男の空想みたいなものだ。そんな、ひろしは紅白で2年に1回は(私の)知らない歌を歌い続ける。

関西”幸せ探しの旅”に降りたったのはJR西日本加島駅。倖せさがして幾千里。万博遺跡と遭遇する事が私の”幸せ”なのだから今回は正にその名の通り”幸せ探しの旅”そのまんまでもある。

時は09年ゴールデンウィーク。関東梅雨真っ只中。もう誰もそんな前の事を書かないだろうと言う時期に、ポツポツと書きだしている。以前憶えていた目的の場所が、どうしても思い出せない。万博友達のAさんに訊いた処 即答してくれた。流石。

「あれは"貧乏神神社"って名前で...加島駅が最寄だと思います。」そうだ そんな名前の駅だった。数年前地図までは出力して持っていたんだ。淀川が”くねぇ”と曲がっている地図を思い出した。

駅に到着。頭の中にはひろしの”倖せさがして”では無く”長崎から船に乗って”が流れていた。 さてと...その神社の場所は...駅から近いとは聞いていたが右も左も全く解らない。駅構内の地図には出てないだろうなぁ。絶対。でも一応見てみた。そこには幸福神社。の名がしっかりと載っていた。おぉ...。 

倖せさがして”五木ひろしさん。
[PR]
by banpakutantei | 2009-07-12 15:01 | 万国博 | Comments(0)