<   2009年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

湯煙の向こうの幻が。

d0065737_20173999.jpg今年こそは頻繁な更新を硬く心に誓ったこのブログではあるが早くも座礁してしまっている。年始の書初めでは、豪快に”先ず更新”の四文字を書き綴ったものだ。一応、本編の製作をしていたりもしたのだが..それも、あと少しかかりそうだ。

先週行われたオバマ大統領の就任式。上空から見た約200万人もの観衆を見ながら、約84万人と言われる大阪万博一日の最大入場者数を比べ負けたと悔しがる。

昨日行った、上野 科学博物館で開催されている万博展では、記念館として復活する鉄鋼館のプランパネルが展示されていた。ホワイエ側から言えばブロックの向こうに広がる現代の秘境、別方向から言えば、たった1枚のガラスと扉の奥にあった幻の空間スペースシアターが40年ぶりに公開される。

復活後もガラスの向こうに見ると言われるスペースシアターはこんな感じに...。残念ながら、スペースシアターと同じ空間の空気を吸う事は出来ないようだが何れは、たまには中に入れてくれる可能性に期待しよう。解体決定と言われた鉄鋼館と言う建築物は取敢えず、その危機を逃れた。

でも日本館のタペストリーは別の場所が良いと思う。...何か合わない。スペースシアターはスペースシアターだけで...。 と書いてきた処で本編を見てくれた方から、あっと驚くメールが到着した。何と...大分別府の湯煙の向こうに捜し求めていた何と....ビルマ館(の一部)が何と....残っていると言う。何と言う事だろう。写真も添付されてきた。

”今すぐに 行ってみたいな ビルマ館” 一句詠んでみた。一句詠んでみても場所は大分。

ガラスの向こうにあるスペースシアター、湯煙の向こうにあるビルマ館の現物、対面出来るのはどちらが先か?
[PR]
by banpakutantei | 2009-01-25 19:44 | 万国博 | Comments(6)

2009 謹賀新年。

d0065737_23412573.jpg新年あけましておめでとうございます。こちら、今年も万博記念公園からです。

ここを訪れる多くの人の中の多くの人が、この場所で太陽の塔を、そして太陽の塔と写真におさまる。此処は初めて太陽の塔を見た人が「おぉぉっ」と圧倒され、万博以来見た人が「な、なつかしぃぃ」と感涙にむせび、いつも来る人が「うん」と変に納得する絶好の太陽の塔撮影スポット。

そんな場所で鞄に忍ばせた、"マイ鳥居"をおもむろに取り出し、さりげなく写真を撮ってみようとする。片手にカメラ、片手に鳥居。 手のひらに太陽の塔をのせてる人、指で太陽の塔をつまんでいる人は見かけるが 鳥居をかざす人は...。

♪♪手にひらを太陽にかざす人はいるけど、鳥居を太陽の塔にかざす人は、この時は皆無。

鳥居をかざして撮影していると言う行為を見られるのは結構恥ずかしい。小心者なので街中で変ったものなどを撮影する時も結構、人目が気になる。変ったものと言うか、あんまり人が撮影しないものと言うか...皆がバチバチやっている場所では何も気にならないけど...

気になるものを撮影する時は他人の目が気になる。何なんだろう?あの感覚。私だけなのだろうか?もしかして、あまり人が撮らないようなものを撮影している人を撮影している人もいるかも知れない。

とりあえず、未だ未だ少ないけど...”どこでも神社。”アップしました。今年もよろしくお願いいたします。
[PR]
by banpakutantei | 2009-01-04 01:58 | 万国博 | Comments(2)