<   2008年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

大阪万博ワイヤレスフォンを見に行く。

d0065737_0291666.jpg四月初旬。以前書いた”塩漬けされた映像は”に登場した卵型ブース。おぉ..残っていたのか!との喜びもつかの間。テレビに映ったそれはレプリカだった。そうかレプリカだったのか...落胆&消沈。

がレプリカであろうとも見てみたいとの思い、そして映っている少女の人形が持っている電話は本物だと言う話...。♪行かなくちゃ..君に会いに行かなくちゃ...♪と訪れたNTT武蔵野研究開発センター。当日は傘不要のお花見日和。

NTT武蔵野研究開発センター内技術資料館。世に電話マニアの方がいるとしたら泣いて喜ぶであろう展示品の数々。日本の通信の歴史がそこにあった。写真でしか見た事が無い電話、巷で見かけなくなった懐かしい電話等々。

ここは現代版”電気通信館”。電話、通信に関する物なら殆どのものが(多分)あるのでは...と思われる。しかしその充実した収蔵品と立派な建物にも関わらす此処の一般公開は年に数日だけなのそうで、今回も武蔵野市の桜祭りに併せての一日限りの一般公開なのだ。こんな感じ。

是非共残っていて欲しかった、卵型ブース。でもレプリカでその雰囲気を味わうだけでも良しとするしかないか。あの頃描いた未来..いやそれ以上の進化を遂げているのが電話だろう。携帯は今や一人一台の時代に、テレビ電話も実用化されるなんて...嗚呼 あの時携帯があったなら...と言う人も多いだろう。

その元祖となった大阪万博でのワイヤレスフォンの現物。これは、大阪万博遺産でもあり産業遺産でもある。係員も「これが 大阪万博の電気通信館で展示された 携帯電話の元祖です。」と力説していた。

そんな携帯が普及し始めたのは万博から17年後の1987年だそうだ。世はバブルの最盛期。初期モデルは現在のものと比べれば携帯と呼ぶには未だ大きかった。しかし、あの大きさは”私は携帯電話を持っていますよ”と周りの方々に解って頂く為に必要な大きさだったのだ。

”こんなの持ち歩くほど忙しい俺だからこそ持てるこの逸品”。現在の様に小さければ価値は無し。あのサイズは最初の頃、手にした方のステイタスに比例した大きさだったに違いない。

そして、それと同時期に上場され発行されたのがバブル時代の象徴、NTT株。NTTに関するものなら何でもありそうなこの資料館にNTTの株券は展示されていなかった。しかし株券の電子化に伴い、あの株券も何れ展示されるかも知れない。初期の携帯が産業遺産であるならば、あの株券は経済遺産とも呼べる。テーマは”NTT株とその時代”。

この年一株318万の高値を付けたNTT株と同じ時期に登場した携帯電話。この二つを並べて展示する事でバブルと呼ばれた時代を検証しようと言う訳だ。ちなみに最近の株価は45万円前後。以前のタイトルに絡めれば”(何年も)塩漬けされた株券は”となっている方も多いだろう。株価も携帯も同じ様な割合で目減りした金額となった。
[PR]
by banpakutantei | 2008-04-22 02:19 | 万国博 | Comments(0)

万博エヴィスQ 御開帳。

d0065737_057457.jpgネット難民状態から一時帰宅。思う存分ネットサーフィンをしていると言うか(ネットサーフィンって死語?)ネットと言う網に引っ掛かったまま、もがいている状態でもある。

先週、桜の開花と大安吉日に合わせ、ついに万博エヴィスQを御開帳した。万博恵比寿は我が万博資料館小田原分室の特等席に建立されている。万博資料室小田原分室は一般公開していないので、この万博神社の中に奉られている御本尊は必然的に秘仏と言う事になる。

黄金の万博マークの桜吹雪が扉の裏側に咲き乱れる(実は此処が結構苦労した)。対のガスパビリオンは狛犬の役割を果たす。愛称は”ガスパーズ”。同じような口をしているが一応阿形(あぎょう)と吽形(うんぎょう)に分かれている。脇を固めるのは金剛力士立像運慶バージョン。タイムカプセルはさい銭箱に。カンペキ。自画自賛。

ガスパで思い出すのは今からもう約20年も前の新日本プロレスに登場した海賊男 ビリーガスパー。ターバンを巻きホッケーマスクを付けた海賊亡霊のギミッグ。数人のレスラーが演じていたので、あの時の中身は○○であの時は△△。であの試合は□□。などと言われている。

海賊の亡霊が何故ジェイソンばりのホッケーマスクなのか?はさて置いて。じっくりその姿を見てみれば ガスパビリオンに似ていなくも無い。いや似ている。”ガスパー”。リングネームの所以はこれだったか。

ガスパーが乱入した猪木vsMサイトー戦は暴動まで起きる程の奇怪な試合となった。遂には自身が最初フロリダで演じたギミックと相対した猪木。海賊の亡霊ならぬ、己の亡霊と交わる猪木。

”胡散(うさん)草”と言う草むらを掻き分けて行くと、もう一つの”うさん草”が現れた。”底が丸見えの底なし沼”の底は”うさん草”と言う水茂が沢山茂っていた。うさん草の生えていない隙間にはリアルと言う真実が見え隠れしている筈だった。

うさん臭さを超越した、うさん臭さ。予定調和の中に噴出す想定外。”流血の魔術師”ミスター高橋が頭をかかえるシーンが今となっては真実に見える。そんなものが交錯した金曜八時の四角いジャングルも遠い昔。ジャングルとは良く言ったもので、”狂犬”、”テキサスの荒馬”、”美獣”、”超獣”、”世界の荒鷲”等々、獣の愛称が付いたレスラーも沢山いた。

万博好きが高じて万博神社を作った人は数少ないだろうが、本格的に神社っぽい神社や仏閣っぽい仏閣、お城っぽいお城などを作ってしまった方は各地におられ、B級スポットや怪しげな物件として多くのサイトで紹介されている。先日もテレビで自宅に天守閣を作ってしまった床屋のご主人が出ていた。さびれている場所も多いが、そのさびれ具合が、”わびさび”のさびに通じると解釈している。

一国一城の主。一国一神社の神主。一国一寺院の坊主。それは男のロマンなのであろうか?女性の方がその様な物件を作ってしまったなどと言う話は訊いた事が無い。胡散臭い...。確かに...。只、共通しているのは、どの物件も真面目に作られていると言う事。ひとつ、ひとつを見ていけば突っ込み処満載なのだが、作られた方達の本気度が、各所に、にじみ出た物件ばかりでもある。

この様な物件を見た時に、大喜びする者と反対に、その”うさんな臭さ”に反応し拒絶する方も多いだろう。要は針が、どの方向に振れるかの違いである。そんな物件がネット難民として生活した場所に存在していた。初めて見た時は驚いた。帰って調べたらかなり有名な物件だった。佐和山遊園。 知らなかった。知って良かった。
[PR]
by banpakutantei | 2008-04-12 03:31 | 万国博 | Comments(4)