<   2007年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

古書店街大人買い。

d0065737_3433330.jpg万博関連のキーワードを呪文しながら古書店を物色していると、こんな束の中に見つけた万国博の三文字。写真下から六冊目。ナンバー24の背表紙に書かれた万と国と博。検索文字の完全一致。

おぉっ!と反応した一冊。反応が「おぉぉぉぉぉ..ぉ」に変わる迄、ほんのコンマ何秒でしかなかった。これは建築雑誌ディテールの大阪万博特集だ。万国博と言っても大阪とは限らないので注意が必要だ。

引っこ抜いてモントリオール万博(Expo67)であったりしたら結構ガッカリするが、これは私の探求書リストに載っている一冊。カナダ館の風車が表紙の奴に間違いない。私が選定した”なかなか出てこない万博本リスト”の5位~10位にランキングされる書籍である。

30冊揃い¥5000。ナンバー3が欠と書いてあるので全29冊。こんな時欠番が、万博特集だったりする事も多い。幻のナンバー3が何特集であったかは興味無い。万博とは関係ないだろう。一冊あたり約¥173。

全部が必要な人にはこの単価となるが、ナンバー24以外必要としない私には一冊あたり¥5000となる。まるで金の採掘の様だ。沢山の岩を掘り採取できるほんの僅かな金。ここ神田神保町は金山であったか。

安くは無いが、この機会を逃せば今度遭遇できるのは何時かは解らない。一期一会の世界。残り28冊は処分となる。「(持って歩けないので)送りますか?」と店主に問われれば「心配ご無用。かたじけない。だが、この一冊以外は置いていくでござる。残りは再び売ればよい。わっ、はっはっ。」と答える。

これもある意味”大人買い”と言うのだろうか?もしかして、この山のナンバー3だけを必要とした侍がいたのだろうか?残り28冊が”3.24欠”として再び店頭に並ぶのだろうが、この山がいくらになったのかは結構興味があった。
[PR]
by banpakutantei | 2007-01-28 04:41 | 万国博 | Comments(4)

万と国と博。

d0065737_159235.jpg万博関係の文献には結構興味があるので書店に行っても万博とか万国博覧会の文字には敏感に反応してしまう。と言っても大阪万博に関する新刊がそう出版される訳でもないのだけど..

おぉっ!と反応した一冊。反応が「なぁんだ」に変わる迄、ほんのコンマ何秒でしかなかった。万国奇人博覧館。よく見れば似ている様で似ていない。まぁ折角なので手にとってみたら以外と面白そう。

割と高い本でも買ってしまう方だが単行本の¥3000以上は考えてしまう。古本屋で見つけるか文庫化に期待して断念した。その隣数冊は「折角なので..」と手にとっているのを見られると変な誤解をされそうでもある。

筑摩書房刊だったので文庫本化の可能性はあるけど数年待たねばならないだろうが買った本が直ぐに文庫本化されると結構悔しい。それを又直ぐにブックオフで見つけてしまうと更に悔しい。

ブックオフの値札シールは剥がすと必ずノリが残るので困る。うまく剥がさないと本もはがれてしまうので厄介だ。缶詰に貼ってあるように貼ってあるので本がかわいそう。店員さんが交互に叫んでいるのでスーパーの食品売り場の様だ。

古本屋でとんでもない高値の本をとんでもない安値で見つける事もある。何やら鉄拳の様になってしまった。バーコード全盛の現在、値札シールをカチャカチャと貼る風景もブックオフで見かける位。スーパーのおばちゃんのシールの早貼り、レジの早撃ちも伝承されない過去の技能となった。
[PR]
by banpakutantei | 2007-01-20 03:17 | 万国博 | Comments(0)

タワー跡地の今。リターンズ。

d0065737_1222867.jpg大阪のOさんが定期的に送って下さる万博公園の風景。昨日届いたタワー跡地の景色。元タワーオブライフは写真左に位置している。状況を解説すれば..旗とかパラソルの土台。が..この様に置かれている..状況。「どう推理する?」Oさんは問う。私は探偵事務所のモニター前で「うーん」と腕組みをする。

これまでもOさんが送ってくれたタワー跡地の風景は多くの謎掛けをしてきた。そもそもヤノベさんの元タワーオブライフの出現が謎掛けの始まりだったのかも知れない。その後、大きな幕が出現した事もあったがそれも消え、やがて片隅にテント倉庫が建ちその収蔵品を推理した事もあった。

どこから一体、何の為に持ち込まれたのか解らない残土の山が出現したり、それが叉いつの間にか姿を消した事もあった。忽然と現れいつの間にか消えてゆく謎の物体達。これら一連の謎掛けは我々への挑戦と勝手に受け止めた。

写真の土台だって昨年、テント倉庫の脇に突如、整然と現れた。この時は何かのイベントで使用する準備の為一時的に置いてあると推測したが、その後この未確認物体は細胞分裂をするかの如く、タワー跡地に点々と散らばっていった。それらにロープが不規則に且つ人を整列させるかの様に張られた事もあった。

タワー跡地、ミステリーサークル。宇宙へのメッセージなのか?ナスカの地上絵ならぬ「タワーの地上絵」。取敢えずこう命名してみた。隣接するエキスポランド観覧車から下を見れば、その謎は解けるか?そこに描かれた暗号は、一体?きっと生命の塔としてキャビンが天空へ伸びて行く儀式に違いない。熟れきった果実の如く地上に落ちてきたキャビン。そこから、こぼれた種が芽を出している様にも見える。
[PR]
by banpakutantei | 2007-01-16 02:31 | 万国博 | Comments(0)

縁起物2007。

d0065737_1191085.jpg昨年お友達になった神戸のFさんから届いた年賀状の表面。”されどスタンプ!”。日付けと言い図柄と言い...これ以上の縁起物はないだろう。”太陽の塔の町、吹田”。塔の下にあるのは多分、千里ニュータウンだろう。その下を走るモノレール。凄くいい。

スタンプと言えば開催当時爆発的に売れたスタンプ帳及び絵葉書のデッドストックが和歌山県某所・某倉庫・某棟・某列・某号の棚から大量に発見され昨日(正確には、おととい)万博記念公園で当時の定価1200円のところ1500円と言う良心的な価格で販売され人気を博しているそうだ。

このスタンプ帳はアルバム形式で各パビリオンの写真と共にパビリオンのスタンプが押してある公認グッズ。大体のパビリオンは網羅してある。ちなみに当時の価格1200円の内訳はアルバムが1000円で200円がスタンプ収録代と後に明記してある。収録代と言うのは押す手間賃の事なのだろうか?

画像が無いので公園の雰囲気は想像するだけなのだが、お年玉を握った沢山の大人達が(東京から買いに来た人もいたらしい)早朝から並び、ヤフオクへの転売目的の輩と入り乱れての争奪戦となった様子。私は持っているので(自慢して御免)参戦はしていないけど...一説にはアレは確かアレの筈。

”当時のもの”と言うのは嘘では無いが。当時会場の何処で押せたのか知りたい”万国旗とホステス”ってレアで遊び心いっぱいなデザインの印もあるけどそれならば”スカンジナビア館とホステス”ってミス アンコネンのスタンプなんてあったら最高なんだけど...
[PR]
by banpakutantei | 2007-01-09 02:34 | 万国博 | Comments(2)

2007 謹賀新年

d0065737_1171435.jpg新年あけましておめでとうございます。今年もよろしくおねがいします。年頭の写真は、やはり縁起物の太陽の塔(縮小して粗くなっちゃたけど)。撮影は昨年9月のもの。今までに何枚も太陽の塔を撮ったけど、こんな晴天ををバックにした太陽の塔は初めて撮れた。

2007年、万博も37年も前の出来事となってしまう。ついこの間、30周年、35周年だったのに...”ちょっと昔”と言うよりも”ちょっと昔より昔”の出来事だ。”10年ひと昔”と言うならば”3.7昔”も前の出来事。「昔、昔大阪千里丘陵で..」って話される日も近い。

そんな昔の出来事を未だ追いかけている理由を一言でうまく説明することは出来ないが37年前に”趣味 大阪万博”と言うのが形成され途中中断はあったもののそれが継続しているのかも知れない。

趣味と言う言葉よりも”○○している時が好き”のがしっくり来るのだけど..この都合の良い二文字でくくられる事が殆どだ。”趣味 旅行”.”趣味 音楽鑑賞(古い?)”とか”趣味 読書”.”趣味 映画鑑賞”.”趣味 ゴルフ”等等....趣味○○に入る言葉がいったい幾つ存在するのか解らない。”仕事が趣味”って凄い人にも時々出会う...

”で どんなの聴くの?”とか”で どんなの読むの?”とか話が繋がる訳だ。”趣味 盆栽、陶芸、など”ほぅ?”となるものもあるが..”趣味 大阪万博”となると ”ん?..” って事になる。”何?”って事になる。

大阪万博を知らない方には先ず「1970年に大阪でさぁ、日本万国博覧会って言うのが開催されてさぁ..その時未だ○才だったんだけど...」から説明していかなければならないので大変時間がかかる。..知っている方にも”かくかくしかじか”と説明しなければならない...

で...何か趣味欄に書かねばならない時は丸っきり嘘では無いが読書と書くようにしている。”最近はどんなものを読みましたか?”の鋭い突っ込みには”まぁ 色々とね...”と答える様にしている。”趣味 旅行”でもいいか..”最近はどんな処に行ったの?”と訊かれれば”えーっと大阪かなぁ、その前も大阪だし..そう言えばその前も...”。やっぱり趣味の欄には読書と書いておこう。
[PR]
by banpakutantei | 2007-01-03 02:28 | 万国博 | Comments(0)