カテゴリ:万国博( 329 )

カウントアップ EXPO70パビリオン公開から136週。

d0065737_1591711.jpg子供にその家族にしか読めそうにない、当て字の様な名前が名付けられる頻度が高くなっているそうだ。確かにその例を見てみると全く読む事が出来ない。フリガナ必須時代。

博、博之、博子、博司、博章...大阪万博前後に生まれた子供の名前に”博”の入った人が多いと言う説がある。しかし、大阪万博そのままに万博と言う名の人には会った事はない。

私の苗字が大阪ならば生まれてきた子供に万博と付けるかどうか真剣に悩んだと思う。



d0065737_1593937.jpg年齢は忘れてしまったけど今年悪い事をした人で万博と名の付いた人がニュースに出ていて「おぉ万博って名前だ。何と読むのか解らないけど...。」万博さんっていたんだと驚いた。

「折角良い名前付けてもらったのに勿体ないなぁ。」と思っていたら最近届いた、取引先の移転と役員改選の案内。そこに名前を連ねた人の中に...ズバリ万博さん。

こんな短期間に二人も万博さんと言う人がいる事を知った。

うーん。名詞交換したい。なんて読むのか聞きたい。名前の由来を聞きたい。
[PR]
by banpakutantei | 2012-11-04 16:25 | 万国博 | Comments(0)

カウントアップ EXPO70パビリオン公開から131週。

d0065737_1134550.jpg入った、入らないをやっている内は未だ良かったけど、グレーの部分をパンダの模様の様に「白黒ハッキリさせよう。」となると大変な事になる。

グレーに黒を落としていくと、どんどん黒っぽいグレーになって行くけどグレーにいくら白を落としても白にはならない。

大阪万博に台湾が中華民国が中国代表として参加したけど中華人民共和国は参加しなかった。

国交が回復したのが大阪万博の2年後。その2年後1974年の夏、”中華人民共和国展覧会”と言う催しが万博会場跡で開催されたそうだ。

資料を見ると第1展示館=日中友好展示、農林漁業、重・軽工業部の展示。第2展示館(万博美術館)=手工芸品部門、文化部門。劇場(万博記念ホール)=映画紹介。とある。第一展示館とはお祭り広場の事だろうか?

d0065737_2271886.jpg一ヶ月の会期中、何と260万人の来場者があったそうだ。同時期、地元のデパートでも中国物産展が頻繁に催された記憶がある。

祭りの後のお祭り広場で開催された、ある意味特別な博覧会。万博4年後とは言え、未だそのままのものが沢山残っていただろう。

その記念碑は太陽の塔の後ろ辺りに建っているけど、万博公園の中国語版のガイドブックには載っていない。

ハングル版もあるけど大韓民国館については書かれていない。その国の文字にしただけ。そこに僅かでも、その国との関わりでも書かれているって事は結構、大事なんじゃないかと思う。
[PR]
by banpakutantei | 2012-09-30 03:23 | 万国博 | Comments(0)

カウントアップ EXPO70パビリオン公開から127週の2。

d0065737_15223.jpg先日、泊まったホテルのコースター。

「グラスの底に顔があってもいいじゃないか」のグラスの下にコースターがある場合があるかも知れないが、此処のものには何と太陽の塔の赤いイナズマが描かれていた。

「グラスの底の顔の下に赤いイナズマがあったもいいじゃないか。」

角度を変えれば「m」なんだけど...。
[PR]
by banpakutantei | 2012-09-06 02:11 | 万国博 | Comments(3)

カウントアップ EXPO70パビリオン公開から127週。

d0065737_12382440.jpg「何故、養命酒のカップを大事に飾ってるの?」 最近嫁さんから指摘された事。

アートピースコレクションの顔のグラスって養命酒のコップと一緒ではないか?

「グラスの底に鳳凰がいてもいいじゃないか。」
[PR]
by banpakutantei | 2012-09-01 12:51 | 万国博 | Comments(0)

カウントアップ EXPO70パビリオン公開から124週。

d0065737_0463885.jpgアートピースコレクションの青春の塔を万博公園に持っていき、こんな感じに建っていたのでは無いか...と言う感じに撮ってみた。

太陽の塔の横からひっこ抜かれエキスポランドに移動され、また引っこ抜かれ撤去された青春の塔。エキスポランド内の青春の塔のあった場所の印も今となっては確認出来ない。

撤去されたと言う事は当然壊されて捨てられたと解釈しているが...その一部が取って置いたと言う訳でも無いが、何となく捨ててはいなくて倉庫に眠っている。

って可能性が無い訳では無い。
[PR]
by banpakutantei | 2012-08-13 01:22 | 万国博 | Comments(0)

カウントアップ EXPO70パビリオン公開から122週。

d0065737_1515976.jpg店頭で見つけるなり即買いしてしまったが直ぐにアマゾンにて売っている事を知ってしまった通天閣のペーパークラフト。

あちらから勝手に”貴方におすすめの商品”としておすすめして来たのだが¥300も安かった。もっと早くおすすめして欲しかった。

World’s Greatest Architectureと名の付いたペーパークラフトシリーズ。フランス代表エッフェル塔。イタリア代表ピサの斜塔。イギリス代表ビッグベン。中国代表上海テレビ塔。

アラブ首長国連邦代表 ブルジュ・アル・アラブ 。アメリカ代表自由の女神などなど世界の巨大な建築物。

d0065737_15153833.jpgそんな中...日本代表は...東京タワー、東京スカイツリーを押さえての大阪通天閣。東京タワーでもスカイツリーでも買わなかった。通天閣だから買った。

大阪から世界へ。パッケージの表記は”TSUTENKAKU”(JAPAN)。日の丸も背負っている。完成すると42センチ位の高さになるらしい。

買った事で満足してしまい何時組み立てるか解らない。永久に箱から出さない可能性も相当高い。

もし折角組み立てるならば西側面に万博マークと日本万国博のネオンを入れた万博バージョンにしてみたい。
[PR]
by banpakutantei | 2012-07-29 16:37 | 万国博 | Comments(0)

カウントアップEXPO70パビリオン公開から121週。

d0065737_17324843.jpg梅雨も明け、夏真っ盛りの猛暑。

会社事務所に貼ってあるカレンダーの南の島が「おいで、おいで」と呼んでいる。この何気ない夏のカレンダーにありがちな風景に写る綺麗なビーチ。

1975年の今頃、沖縄海洋博が開幕した。実はこのビーチ、沖縄海洋博で作られたエキスポビーチと言う国内初の人工の渚。

現在、美ら海水族館のある海洋博会場跡地にてエメラルドビーチと名を変え残っている。



d0065737_1733854.jpg殆どの施設が消えてしまった海洋博公園。ある意味貴重な海洋博遺跡とも言える。

当時の様子を見てみようと海洋博の本を何冊か広げてみたが大した写真が無かった。

本の中にエキスポビーチのスタンプを見つけたので載せてみたが、このスタンプが本当に現場に設置されていたのかどうかは結構怪しい。

お土産のスタンプ帳用のデザインにも見えるけど海洋博のスタンプ帳と言うのも見たことが無いので何とも言えないが。
[PR]
by banpakutantei | 2012-07-22 10:26 | 万国博 | Comments(2)

カウントアップ EXPO70パビリオン公開から120週。

d0065737_12491891.jpg大阪のガイド本において太陽の塔と万博記念公園の評価は結構低い。場所として出てくるのは大抵、道頓堀とか新世界とか大阪城とか。良い意味で言えば孤高の存在でもある太陽の塔。

その太陽の塔が表紙となったガイドブック。初めて見た。厳密に言えば太陽の塔の写真が帯になっていて簡単に着脱可能になっている。

「ためしに1度表紙を太陽の塔に任せてみよか。大阪コテコテ路線もマンネリやし。青空をバックにした太陽の塔なんて爽やかやないか。

通天閣じゃ、この爽やかさは出ぇへんで。売れ行き次第では直ぐにコテコテに戻してもええ。大阪の人気者は仰山おるし。」


d0065737_022890.jpgガイドブックで万博記念公園は、どう取り上げられているのだろう?主役の太陽の塔が詳しく紹介されるのは当然としてEXPO70パビリオンの生い立ちや、パビリオン跡地の地図も出てくるだろう...なんて事は全く期待していなかった。

気になる中身は...真ん中あたりの1ページに大きめな太陽の塔が配置され「自然豊かな万博公園で、ほっこり...」って書いてあった。

日常会話では殆ど聞かないし使わない「ほっこり」なる表現。テレビのレポーターは何かを見れば「ほっこり。」何かを食べれば「ほっこり。」って便利に使っているけど。

岡本太郎も太陽の塔を見て「ほっこりしますね。」って言われたら何と返すのだろう。下写真も表紙を任された太陽の塔。綺麗な写真集だけど太陽の塔は1カットだけ。ちなみにその隣のページは新世界の夜空。
[PR]
by banpakutantei | 2012-07-16 00:05 | 万国博 | Comments(2)

カウントアップ EXPO70パビリオン公開から118週。

d0065737_0184439.jpg映画「家族」に映る万博グッズその3。東京に向かう新幹線車内にて爆睡する父親。

演技と思えない寝顔の脇に「太陽の塔」発見。長男は大事そうに上野の宿に着いて迄も持っている。母親には「北海道のお友達に、しっかりと万博の事をお話しなければならない。」と言われている。

箱を見てみるとLOTTEと書かれている。多分これは時々ヤフオクにも出てくる貯金箱になっているタイプのものだろう。こんなパッケージに入れられ販売されていたとは初めて知った。


d0065737_0485164.jpg滅多に出てこないと言う品物でもないが、頻繁に出てくると言う訳でもない”箱なし”の太陽の塔。丁度今、開始価格が強気の¥12.000-で出品されているけれど多分落札されないだろう。

LOTTEと書かれているからには太陽の塔の他にガムとかチョコがいっしょに入っていたのだろうか?

会場限定だったのか普通にお菓子屋で売っていたのか、いくら位したのかも解らない。未だ当時のまま何処かにデッドにストックされている可能性もある。

何でも鑑定団の北原先生なら「保存状態が凄く良いです。箱も完璧です。箱があるので値段をぐっと上げました。ガムはくんせい、チョコも化石の様になってしまっていますが、このまま大切に保管して下さい。食べちゃ駄目です。お腹壊すって意味じゃなく...包みも大事ですから。」って言いそう。

大阪駅前で笠智衆さんの飲むビールの旨そうな事。この時「時間があるので万博見物でも行こか?」ではなく「時間があるので新世界でも行こか?」だったらどんな風景が出てきたのだろう?万博当時の新世界。それはそれで見てみたかった。「家族」大阪万博編。完。やっと。
[PR]
by banpakutantei | 2012-06-25 00:58 | 万国博 | Comments(0)

カウントアップ EXPO70パビリオン公開から117週。

d0065737_2342534.jpg映画「家族」に映る万博グッズその2。 

新大阪駅で、うまくエスカレータに乗れない爺さんを、うまく演じる笠 智衆の後ろにいる御婦人が持つEXPO70の文字が入る紙袋。下は太陽の塔がデザインされている。

万博の紙袋が何種類存在したかは定かでないけど、相当数あったに違いない。中には、よど号ハイジャックの犯人達に連れられ北朝鮮に渡ったものもある。


d0065737_23691.jpg持っている人を見なくなった観光地の風景がデザインされた、少し恥ずかしい土産用の紙袋。気にして見ている訳ではないけど、土産物店でそれ自体を見かける事は無い。

その袋で何処に行ってきたのか解ってしまうのも難があるし人々は昔ほど色々なお土産をどっさり買う事も無くなったのではないか?

昔はこけしやら人形やら盾やら、ちょうちんやら様々な”食べ物で無い物”も買われていたので、あの袋が必要だったのでは無いか?宅急便もなかったし..。

観光地の紙袋は絶滅してしまったのか?否。素材は変わったけど、東京ディスニーランドやユニバーサルスタジオが、その市場を一手に引き受けている。
[PR]
by banpakutantei | 2012-06-18 00:15 | 万国博 | Comments(0)