2006年 09月 24日 ( 1 )

ご静聴ありがとうございました。

d0065737_22212077.jpgマニアエキスポ、色々な方に出会えて良かったです。

あんまり、うまく出来ませんでしたが、取敢えずほっとしています。飽きず(?)に聴いてくれた皆様、お世話になった方々どうもありがとうございました。

「大阪万博パビリオンその後」の最後に話した鉄鋼館。四度目となるマニアエキスポ。記念すべき第一回目は丁度、太陽の塔内部初公開と同時期だった。

今回も建物の半分に”万博最後の秘境”を抱くこのパビリオンを会場としていた。秘境の名はスペースシアター。スペースシアターと書いて秘境と読むのは正しい。

展示品は個人の出展や万博機構の収蔵庫からの初出展品も多くバラエティ豊かだったが、注目すべきは鉄鋼館トイレの開放。第三回目は行っていないが多分マニアエキスポ初開放。

一般貸出しの時(この場所は催し物等の利用に有料で貸し出されている、場所柄利用度は解らないが...)には開放されるのかも知れないが、初めて足を踏み入れた。初めてジョワーとした訳だ。

パビリオンのトイレでのジョワーは結構、心地よい。建設時から恒久保存が決定していた為か少しも簡易的な感じがしないし結構綺麗。

手洗い部分の壁が曲線になっているのは多分壁の向こう側、円形音楽堂=スペースシアターの構造によるものだろう。

1970年以来ずっとこの場所に根付き、半分は一般開放して、半分は神秘に包まれた秘境と言う状態が一層、このバビリオンのオーラを強くする。

今回、このトイレに何気なく入った人は多いだろう。切羽詰って入った人もいるかも知れない。私としては真の大阪万博バビリオン遺跡に犬ではないが印を付けた感じでもある。

洗面台の鏡をじっと凝視すればベールに包まれたスペースシアターが透視出来るかも知れない。
[PR]
by banpakutantei | 2006-09-24 23:35 | 万国博 | Comments(15)