2006年 09月 10日 ( 1 )

S氏来日。

d0065737_0232370.jpg万博マスターS氏、我が家に現る。と言っても先週の話。S氏は今年のマニアエキスポの総合プロデュースを引き受け、関東での出展品の引き取りにやってくると言うのだ。私も展示に参加する事となった。

出展は”太陽の塔を塗る”で製作した三菱高雄の太陽の塔とパネル展示用の万博遺跡写真。イベント日では更に...。嗚呼、何と言う大役を仰せつかってしまったのだろう...

S氏は博覧会の強者、Fさんを伴い(Fさんは、海外含め様々な博覧会を訪れ、なんと愛知万博ではボランティアも務め60回以上行ったそうだ。)小田原に来日された。

いやぁ、S氏の万博宝物殿兼自宅は何度もお邪魔させて頂いたがS氏が小田原の万博秘宝館”分室”に来るなんて想像もしていなかった。S氏が持っていなくて私が持っている僅かなお宝をS氏に見せびらかせる事が出来る日が来るなんて...

博覧会に全く興味の無い嫁さんを交え博覧会話で盛り上がる。Fさんの愛知万博の話ももっとお聴きしたかったが次のマニアエキスポキャラバン地、静岡に向かう時間となった。名残惜しいがお開きとなる。さて、S氏は大阪で最も有名な一般人のランキング上位なのだそうだ。それを実証する光景に、今年7月この吹田市立博物館前で遭遇した。

S氏と訪れた”千里ニュータウン展”。初めて目撃する石鹸の香りも残る”洗いの殿堂 バスオール”に衝撃を受けて出てきた出口付近。キックボードで遊んでいたこの近所に住む小学校3年くらいの男の子が近づいてきた。と、「おっちゃん、万博のおっちゃんか?」と訊いてきたのだ。彼も何故か大阪万博のファンなのだそうだ。そして「いっしょに写真撮って」と求められ、「おっちゃんに会えて凄く嬉しい」と言うのだ。文章にするとサラッとしてしまうが、あの驚きと言ったら...
[PR]
by banpakutantei | 2006-09-10 03:02 | 万国博 | Comments(8)