夜間飛行で口ずさむのは石川さゆり「さよならの翼」。

d0065737_131315.jpg大分空港 離陸前。見かけた事のない真っ赤な機体が頻繁に何度も離着陸していた。

「すごい本数の離着陸だけど、一体何処から来て、何処に行くのだろう?」

てっきり何機も離着陸しているのかと思っていたら同じ機体が繰り返しテストしていた様だ。「なぁんだ、分身の術だったのか。」

その離発着していた飛行機が拠点とする空港が2日前に、すったもんだの末、開港した静岡空港らしい。機体のFDAとは冨士ドリームエアラインの略。

別府湯煙旅情~幻のビルマ館を探す旅を終えた男は離陸前の、まったりした時間を過ごしていた。

飛行機の離発着が見えるレストランのカウンターでビールと関アジのフライを食べながら、この旅を振り返っていた。

ビールとアジフライ。何と素晴らしい組み合わせなんだ。男はフライでビールを飲むのが大好きだった。

別府湯煙旅情~愛の逃避行 血の池地獄。湯煙に身を隠した男と女。確かにそんな雰囲気の二人は別府地獄めぐりにいた。そんな旅に憧れていた男は思惑とはうらはらに一人旅だった。

一人で地獄温泉プリンなど食べてみた。地獄を旅する怪しい雰囲気の男女のそばで万博遺跡 蟻地獄にはまり、もがく男。はまって、もがいて写して来た画像 別府湯煙旅情~幻のビルマ館 万博遺跡蟻地獄をUPしました。
[PR]
by banpakutantei | 2009-06-06 14:32 | 万国博 | Comments(12)
Commented by のりすけ at 2009-06-07 16:58 x
サイト拝見しました。
ビルマ館、このまま畑の土に還ってしまうのも惜しいですね。
みごとな「蟻地獄」っぷりのレポート、ありがとうございました。
Commented by banpakutantei at 2009-06-07 23:28
のりすけさん こんばんは
早速見ていただき、ありがとうございます。

改めて ビルマ館のその後に出会えて良かったです。
本当に、あのまま土に還ってしまうのは惜しいです。
と言って何も出来ないんですけど...何とかならないかと...

サイトに書ききれなかったのですが あと二つほど ビルマ館
都市伝説を聞いたので 又書きます。
 
Commented by FZIRO at 2009-06-13 18:32 x
初めまして、本サイト、ブログ共に、
いつも興味深く拝見させていただいております。m(_ _)m

ビルマ館の現状、こちらでのレポが中断した感じだったので
結果がはかばかしくなかったのかと思っていましたら、
まさかまさかの怒濤の展開に、思わず息を呑んで読みふけってしまいました。

3ヶ月ほど前に、万博会場の簡単な模型を作り、
当然ビルマ館も3~5cm程度の大きさですが作りましたので、
ある程度構造も頭に入っており、あの龍の現状と資材の山には
声にならない声を上げてしまう始末です!
スカンジナアビア館の破壊の様子の記事もそうでしたが、
万博建造物の惨状を見ると心が痛みます……。

追加の記事のupも心待ちにしておりますので、
どうかまたよろしくお願いします。

Commented by banpakutantei at 2009-06-14 01:49
FZIRO さん こんにちは
コメント頂戴しどうも、ありがとうございます。

5月初めには 半分以上 出来上がっていたの
ですが そこからが長く かかってしまいました。

万博会場の模型とは どの様なものなのでしょうか?

大阪万博から、もうすぐ40年。ボロボロの竜ですが
”神龍” ..何かそんな雰囲気で しぶとく生延びている感もします。

是非また 見に来てください。
今後とも よろしくおねがいいたします。
Commented by FZIRO at 2009-06-14 03:50 x
”神龍”  いい言葉ですねぇ…。
朽ち果てるのではなく、遺跡と化しつつあるあの龍、
せめてあそこにあることだけでももう少し周知になるといいんですが
回りの「見えないことになっている」オーラを考えると、
いろいろと複雑な事情があるのかと思ってしまったり……。

模型ですが、他のところで披露したこともあるので、
あるいは御覧になってるかもしれませんが、
URLのところにUPしてるように、
タイムスリップグリコの出てない分を補完したモノです。
もちろん、グリコの分には完成度は遠く及びませんが、
遠目で見る分には気分に浸れるかなと思ってます(笑)。
この模型の製作過程ではこちらの記事もずいぶん
参考にさせていただいたので、重ねてお礼申し上げます。m(_ _)m
Commented by banpakutantei at 2009-06-14 22:12
FZIROさん 
先程 拝見しました。(今は見れなくなっていますが...)
素晴らしい出来だと思いましたし、とても根気のいる作業だと
感じました。
機会がありましたら、詳細画像も見せて下さい。
Commented by よし坊 at 2009-06-15 02:31 x
GTMさん、こんばんは。

首を長くして待ち続けていたら居眠りしてました・・・・(爆)
遅ればせながら「別府湯煙旅情~幻のビルマ館 万博遺跡蟻地獄」編
拝見しました。
毎回、GTMさんの行動力には脱帽です。

自分も現地に行ってみたいのですが・・・・

「龍」があのまま朽ち果ててしまうのは非常に悲しいですね・・・・

Commented by banpakutantei at 2009-06-15 21:00
よし坊さん こんばんは
長く待っていただいた様で、どうもありがとうございます。
行動力なんて 立派なものでは決してなく 只、物好きなだけで。

ブログにも書いた 蟻地獄で 本当に もがきながら作りました。
今は只 脱力感でいっぱいです。 で毎度 更新が遅くなる訳ですね。 
Commented by まつかぜ at 2009-06-15 23:28 x
ビルマ館よく発見できましたね。また、そのストーリーまでしっかりと掴んでくるところがさすがですね。まさに大冒険であり、物語として成立しているのが素晴らしい!GTMさんが発見するのを待っていたかのような気すらします。
Commented by banpakutantei at 2009-06-16 01:39
まつかぜさん こんばんは
念が効いたのか 念ずればかなうなのか.. 本当についてました。
ビルマ館は再建されていませんでしたが その一部に触れる事が
出来て良かったです。

大分空港では偶然にも、かちもさんと遭遇しました。
「えっ本当にあったの?」と驚かれていました。
Commented by 彩雲4号 at 2009-06-28 16:28 x
>>”やって来ていたんだな” ビルマ館。だった。

パソコンで人さまの書かれた事に興奮したのは久しぶりの
事でした。
壮大なドラマ作品を見終わったような気持ちです。
大捜査、本当にお疲れさまでした。
私ももっとまじめに探索をしなくては、と
襟を正す思いです。
Commented by banpakutantei at 2009-06-29 12:47
彩雲さん こんにちは

彩雲さんの別府レポートも、もっと読んでみたいです。

大捜査...この仕事で出ないエネルギーは、どこから
沸いてくるのか...。


<< 白蛇と言えば小柳ルミ子の白蛇抄... 屋根の上に黒マントは見えたか。 >>