恋はスクーターに乗って♪。

d0065737_18395532.jpg大阪万博が開幕した記念日が近づいてきている。唐突だが卒業シーズンでもある。別れの季節。旅立ちの時。

ラジオでは、卒業ソングベスト10などが流れている。あの歌、この歌、そんな歌。自身の最後の卒業式から早20数年も過ぎてしまった。

卒業の歌、卒業式で唄った歌、卒業の季節とオーバーラップする歌。人それぞれ、あの日、あの時、あの場所で...聴いた、流れた、唄った、聴かされた歌は数も多いし、こだわりもあるだろう。

とてもベスト10などと言う範疇では網羅しきれる筈も無く、ベスト50くらいにしないと皆に不満が残る構成となる。

毎年、上位にランクされるのは大抵 同じ様な曲だし、沢山の曲が流れても、私的に同調できるのは僅か数曲。またあの歌なのかって...曲も頻繁に流れる。金曜八時はプロレス見てたって。あれがあっても、これが無い。これがあっても、それが無い。

歌手にとってもクリスマスや夏の歌と共に是非持っていたいのが卒業の歌なのではないだろうか?ベスト卒業ソング。別府を案内してくれたTさんのカーオーディオから流れてきたのはこの街出身、山下久美子の歌。

湯煙を見ながら聴く山下久美子。最後の卒業シーズンの頃、乗っていたスクーターに彼女のツアーで買ったステッカーが貼ってあった事を、さりげなく自慢する。

彼女が唄う卒業の名曲は!BYE BYEだけど、あまりリクエストされない。

毎年様々な卒業の歌を聴いては、戻る事の出来ない、あの頃の感傷に浸る行為を繰り返す訳だが大阪万博に卒業は無い。ちなみに写真は別府”湯煙”商店街に貼ってあった古い写真。別府港の別れの場面では無く、新婚旅行の見送りなのだそうだ。この港から万博に行った人も多い。
[PR]
by banpakutantei | 2009-03-09 01:59 | 万国博 | Comments(0)


<< W.B.C。その秘訣は動かない... 湯煙商店街紀行。だから お早う... >>