万博エヴィスQ。

d0065737_16183197.jpgそもそも万博恵比寿宮を作ろうと思い立ったのは昨年12月の事。同時にタイムスリップグリコのガスパビリオンが2つ必要となり、クリスマスの秋葉原に探しに行った。東京の繁華街のどこもかしこもイルミネイトしている中、ある意味万年イルミネイトの秋葉原の風景だけはいつもと変りが無い様に感じた。

万世橋から見る電気街は東京の好きな景色の一つだけど、同じ様に見えて以前の写真と比べてみると微妙に違っている。蛍光色の緑や黄色に”洗濯機”とか”冷蔵庫”の文字がドドンと出ていたが最近はあまり見かけない。

昔の写真を見てみればこの街にあふれていた”ワープロ”とか”マイコン”更に”ビデオ”なんて文字も懐かしの風景となった。郊外に安売りの家電専門店が沢山出来た今日、この街の売れ筋商品って?”秋葉原で買わなきゃ駄目なものって何なのだろう?”と考えてみるも相変わらずの人出に変わりは無い。私がガスパビリオンを買いに来た様に”電気じゃないもの”へのシフトが益々進んでいる感じでもある。

この日は神田からアプローチした。昨年大宮に鉄道博物館が開館したが以前の交通博物館の今はこんな感じ。ガスパビリオンを求め数軒廻ったが見つける事が出来なかった。冨士グループ館や日立館がズラズラと吊り下げられている風景を想像していたが、あぶれている筈の月の石やタイムカプセルすら無い。膨大な数の食玩やフィギュアの森に大阪万博シリーズ自体見当たらない。このシリーズが商品として”売れないから”置いていないのか”レアなので”置いていないのか?

しかし改めてじっくりと他のフィギュアや食玩を眺めていると実に様々なジャンルがあり本当に良くできているなぁと感心する。そうだ上野のEXPOに行ったらあるかなぁと久しぶりに訪れてみる。ここにもガスパビリオンは無かったがこんなものを買ってきた。ちょうど店主の鴻池さんが人体解剖のフィギュアの原型を製作されていた。とても細かい作業で器用じゃなければ出来ない仕事。”書く”とか”塗る”作業も難しいが”彫る”って作業も難易度がかなり高い。

何気にレジ上の天井辺りを見れば太陽の塔が入った神棚が既にあるではないか。(以前アップしたものとは違うタイプ。)先を越され少しがっかり。でも私が構想中のものが出来たアカツキには...と「ガスパビリオンを○○に使おうと思うのだけど」と言った処「良いねぇ」とおっしゃってくれた。そんなエキスポさんの店頭ディスプレイ。凄くカッコいい。今年の写真は何故か太陽の塔がいっぱいではある。
[PR]
by banpakutantei | 2008-03-09 16:39 | 万国博 | Comments(1)
Commented by 金魚花火 at 2008-03-12 11:48 x
大阪市中央区北浜に大林組歴史館という施設があることをご存知でしょうか?
http://www.obayashi.co.jp/company/rekishi/index.html
この施設では、過去に大林組が手がけた大型プロジェクトの記録映像を見ることができるのですが、その中には、「大林組と万国博」「万国博お祭り広場建設の記録」「ホテルエンパイア建設の記録」などといったものもありました。管理人さんにとっても必見の内容ですよ。もっとも、この大林組歴史館は入館料無料ですが、土・日曜は休館ですのでご注意を。


<< 万博エヴィスQ完成。 あれよあれよと言う間に~2 >>