太陽の塔がいっぱい。

d0065737_0191975.jpg更新頻度が益々空く傾向にあるのは、段々とコメントが長くなりつつある傾向にあるのと関連があるのだろうか?写真と短いコメントで更新していくのは本意では無いが「まず更新」。「まず更新」と書いて「一歩前に」と読む。

男子トイレ”小”の便器の前に書いてある格言の様でもあるが、とにかく一歩前に...と。マツタケの露を垂らすな...と。とにかく前に進もうではないか!簡潔な文章で...贅肉を落とした一行で...無駄の無いエコな文面で.....一歩前に進もうではないか!..と。

写真は万博公園売店にて...太陽の塔がいっぱいの図。かなり壮観な図。これって一体500円するので、こんな並べ方をしたいと思ったら多分¥25.000以上かかるだろう(50個計算で)。同じ様な図を自室に作りたくて大人買いをしようかな?と考える大人になってしまった。

50万円出して1000体買い、太陽の塔版三十三間堂と言うのも良いかも知れない。中心に大きな太陽の塔を祀り、左右に並ぶ1000体の太陽の塔。これぞ真の「太陽の塔がいっぱい。」。その中に「会いたい人に似た太陽の塔がきっとある筈」。酔っ払ってネット販売の数字の欄に1000などと打ち込まぬ様注意しなければ...

いっそ1970年にちなんで1970体を購入すると税込¥1.034.250円也。こうなるともう一般公開し拝観料を取って回収するしかない。その名も千九百七十年堂。御朱印も置こう。記すのは勿論”奉拝 太陽の塔”である。

書きながら映画「太陽がいっぱい」のメロディを思い浮かべようとしたが思い出せない。アランドロンと言えばナタリードロンを連想してしまう世代だが「新個人教授」の綺麗なメロディも思い出せない。
[PR]
by banpakutantei | 2008-01-30 02:46 | 万国博 | Comments(5)
Commented by 佐伯真一 at 2008-01-30 23:45 x
中央口から入場して、
シンボルゾーンに歩いてゆくと巨大な太陽の塔の前に出ました。
初めて万博に行った日は、あまり気が進まず、家族に付いて行っただけでしたけど、
白亜で金色の顔!青空に高くそびえる太陽の塔を見上げて目がくらむような衝撃と感動を覚えました。
大屋根の下、太陽の塔の「洗礼」を受けたぼくは、その瞬間にEXPO'70を無条件に受け入れたのです。

なんというか、奈良の大仏様のような、那智の滝のような、神々しいものを感じましたよ。それは人間の建造物を越えたものです。子どもの感性のそれですけど、その新鮮な感動は今でも変わることはありません。

この塔が潰えるときは地球も潰えてしまうにちがいありません。きっと。
Commented by banpakutantei at 2008-01-31 12:59
佐伯さん こんにちは
先週 太陽の塔に初詣して来ました。
確かに太陽の塔には構造物を越えた何かがあります。
信仰の対象と言ってもいいでしょう。

その御神体を祀るお宮さんを作りました(厳密に言えば彩色)。
今度 公開します。
Commented by gop at 2008-02-03 00:41 x
先日思い立って「太陽の塔」のルーツを見に行って来ました。
仰る通り、これは信仰の対象ですよね。近々Blogに載せたいと思います。

ところで、すいません。一つ質問があるのですが。
昨年こちらに展示された軽四輪の電気自動車(スズキ キャリィ)ですが、
http://expo70.fc2web.com/boubi/boubi.html
普段何処で保管されているのか、ご存知でしょうか?

Commented by banpakutantei at 2008-02-03 04:07
gopさん こんにちは
そろそろ 吹田万博の事を書こうかなぁと 考えていた処でした。

スズキの電気自動車の件 ばんぱ館長の情報を引用させて もらいます。

”今回の電気自動車は、当時スズキが市販していたキャブバンタイプの「キャリイバン」をベースにスズキと湯浅電池が共同で開発したものです。10台製造され、万博会場内の管理施設で使用されました。2000年に販売代理店から入手した時には、車体の損傷も大きく動かない状態でしたが、当時の資料から再生、モーターなどの動力部分は研究所で分解・整備、2年をかけて修復されたものです。 ”

浜松のスズキの工場にあるそうです。

「太陽の塔」のルーツって何なのでしょう?楽しみです。
Commented by gop at 2008-02-04 06:04 x
ありがとうございました、スズキの所有車なのですね。
さて、現地で見学ができるのかどうか。聞いてみます。

>「太陽の塔」のルーツって何なのでしょう?楽しみです。
週末辺りアップしようと思います、期待せずにお待ち下さい(笑)


<< あれよあれよと言う間に ラオス館銀世界。 >>