08 謹賀新年。

d0065737_475033.jpg新年あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。こちら万博記念公園上空です。太陽の塔は新春の光を存分に浴び建立38年目の正月を迎えております。黄金の顔もサンサンと光輝いています。「でかい、上空から見ても実にでかいです。私は今太陽の塔、独り占めって感じです。」

公園入口には初詣での参拝客が長蛇の列を作っています。これから正月限定、5千円の万博福袋の販売が予定されており、中身はオークション市場3万円相当の万博グッズが入っているそうです。

こちらの情報では一部の袋には滅多に手に入らないプレミアグッズも入っていると聞いています。売り切れ必至。きっと開門と同時にバッファローダッシュが始まる事でしょう。くれぐれも正月早々転ばない様気をつけて欲しいものです。

今回は太陽の塔に貼られていたモザイクタイルで作った御守も用意されているそうです。ストラップ、タイル単体でと買い求められた方も是非共、購入される事をお勧めいたします。こちらも数量限定、売り切れ必至、転売禁止となっております。

そして今年は何と太陽の塔の前に万博マークが入った巨大な鳥居が出現しています。万博神社の出現です。太陽の塔と比べても、その大きさがお解かりいただけるでしょうか?いよいよ太陽の塔は信仰の対象となり人々の心の拠り所となっているようです。この鳥居には万博遺跡保存の願いも込められています。今年は鳥居を携帯し”どこでも神社”なる計画もしています。

今、上空から見ても当時のままの状態の場所は本当に極僅かとなっています。と言うか、それを探すのも非常に困難な状況となっております。これ以上、何一つ無くならないで欲しいものです。

地球温暖化により海面が上昇し消えてしまう島もあると報道されていますが万博公園に残る当時の物たちも、新しい緑やアスファルトに侵食されつくされそうな状況であります。

ストップ・ザ・万博遺跡破壊。私には、この万博記念公園がいや会場跡が緑とアスファルトに沈んでいく島に見えます。沈んでしまった会場が大屋根となり太陽の塔だけがひょっこり頭を出す様な状況にはなって欲しくありません。

資料を読むと解体時に地中に埋められたものもあるそうです。37年前の、物たちが埋まっている会場跡とは、何とロマンに満ちているのでしょうか。ここは本当に遺跡です。私には太古の遺跡より魅力があります。是非 掘り起こしてもらいたいものです。上空からは以上です。スタジオにお返しします。
[PR]
by banpakutantei | 2008-01-03 06:06 | 万国博 | Comments(2)
Commented by gop at 2008-01-11 06:52 x
阪急エキスポパーク、泊まってきました。小雨の夜でしたが、37年前を想い、懐かしく至福の時間を過ごせました。
遅ればせながら本年も宜しくお願い致します。
Commented by banpakutantei at 2008-01-11 21:28
gopさん 今年もよろしくお願い致します。
ブログ拝見して 帰省バスの多さに驚きました。
サンパレスの頃 ここに何度か宿泊しましたが
いつも太陽の塔が見えない部屋でした。
大きいお風呂があるので結構好きです。


<< ラオス館銀世界。 大晦日~”津軽海峡”より聴きた... >>