大晦日~”津軽海峡”より聴きたいのは”ホテル港や”。

d0065737_14395575.jpgとうとう大晦日。休みに入り、嫁さんが待ってましたとばかりに目の前に積んでいった家庭の仕事の山をこなしながらパソコンに向うのは非常に困難な作業でもある。この期に及んで、そこを掃除、ここも片付け、あそこに買出し等々。

先程、浴室の入念な手入れをしながら考えた。「そうか これは修行なんだ。修行ならば仕方ない。多少荒行ではあるが..。新年を迎えるにあたり体を清める風呂を先ず清めろって事か」と魂を込めて磨き上げた。

日本の偉大な作詞家 阿久悠さんを偲んで今年の紅白で石川さゆりが唄うのは予想通り「津軽海峡冬景色」だ。彼女にとっても、今年はこの曲しかないだろう。

今年も”ホテル港や”は聴けなかった。これも阿久さんの作品。そして和田アキ子が唄うのも予想通り「あの鐘を鳴らすのはあなた」。今年の初め、名古屋出張の際 岡本太郎の ”あの鐘”を鳴らしにいった。

あの鐘は久国寺という寺にあった。正式名は歓喜の鐘。いやぁ凄い。欲しい。ハリネズミの様な外観。トゲトゲの鐘。これの小さいのを叩きながら「芸術は爆発だ」って言っていた。折角来たのでこの鐘を突きたくなった。しかしこの寺院に人影は無い。詰め所のドアも鍵がかかったまま。「どなたか、いませんかぁ~」「トゲトゲの鐘を叩きたいのですが...」

シィーン...静寂が流れる。「たのもぉぅ」...シーン。「すいませぇん どなたもいらっしゃりませんかぁ?」シィーン。「どなたもいらっしゃらない様ですが 鐘を突いても良いですかぁ?」シィーン。「どなたもいらっしゃしませんね」 シィーン。「いらっしゃって、駄目と言われても困りますが、いらっしゃらないので、突かさせていただきまぁす」

それでは...と突いたトゲトゲの鐘。ごぉおおぉおおぉぉぉぉぉん。響く。遠慮がちに突いたが静寂を揺らす予想以上に大きくシッカリとした音色。今年もあと僅かで、あの寺院の周辺にも108つの歓喜の音色が響く。近所に住んでいたら毎年絶対に突きに行くだろう。108つは煩悩の数と言われているが大阪万博パビリオンの数にも近い。一つ鳴る度にパビリオンの名を一つ唱えるのが万博者の年越しとなる。よいお年を。

 あまりコメント付けてないけどトゲトゲの鐘の補足はこちら
[PR]
by banpakutantei | 2007-12-31 17:38 | 万国博 | Comments(2)
Commented by よし坊 at 2008-01-01 20:15 x
GTMさん、あけましておめでとうございます。昨年はいろいろコメントさせて頂きました。失礼致しました。
今年もコメントさせていただきますので宜しくお願い致します。

この間、阿久悠さんのCD BOX「人間 万葉歌」購入しました。発売当初から欲しかったのですが、やっと買えました・・・・
毎日、寝る前に聞いてますがいつも途中で寝てしまい・・・(苦笑)

トゲトゲの鐘、名古屋にあるのですか!?是非、行ってみたいですね。ただ名古屋はあまり行く機会が無いので・・・・(大阪に行く時に通過するのみ)(笑)(愛知万博の時に3回ほど行っただけ・・・)

追伸

イルミナイト万博、見に行けて本当に良かったですね~
自分は行けなくて、非常に後悔しています・・・・(泣)






Commented by banpakutantei at 2008-01-02 02:10
よし坊さん あけましておめでとうございます。 昨年はお会いできて良かったですね。

イルミナイトは半ば諦めていたので本当に良かったです。
折角 光の木を再現したので 一回では勿体無い筈なので
又機会があるのではないかと思います。

あの鐘は名古屋駅からそれ程遠くない駅(名前忘れた)が最寄り駅です。
機会があれば 鳴らしに 行って下さい。

では今年もよろしくお願いいたします。...と未だ新年の分を書いていない...





<< 08 謹賀新年。 奈良旅行の帰りにイルミナイトを見る。 >>