相撲の街に見るサンヨー館に似たもの。

d0065737_12585150.jpg久しぶりの両国駅。両国と言えば相撲。構内には優勝額が数枚飾られている。相撲と言えば両国国技館。野球を見に東京ドームに行った事は無いがプロレスは沢山見に行った。

笑点を見に後楽園ホールに行った事は無いがプロレスは沢山見に行った。同じ様に大相撲を見に国技館に来た事は無いがプロレスは沢山見に来た。外人レスラーはスモウアリーナと呼んでいる。

夏の両国と言えば新日本プロレスの夏の大一番、G1クライマックスなんだろうが最近はずっと御無沙汰しているし今年の優勝者が誰なのかも興味が無い。

両国国技館も完成から早20年以上が経過。と言う事は蔵前国技館が無くなってからも早20年以上となる。両国以前のプロレスのメッカ、蔵前国技館。以前 跡地付近を通ったが面影は一切残っていなかった

モンゴル ウランバートル空港に降り立った朝青龍を出迎えたのは何とアントニオ猪木。横綱の隣には二人の兄。総合格闘技に転向しているスミヤバザル、プロレスラーのブルーウルフが付き添う。「まさか!」取材陣は色めき立つ。その様子を日本のテレビで見ていた北の湖理事長は頭を抱えた。高砂親方(元大関朝潮)もパイロットシャツのネクタイを握り締める。

大どんでん返し。二人は空港VIPルームでガッチリと握手。その場での角界電撃引退と猪木ゲノム参戦の電撃発表。号外だ!新聞社の印刷機が唸りをあげる。横綱の顔は上気していた。これがここ数週間、精神疾患と診断された男の顔なのか!

「格闘技を通じて世界平和を全世界に発信していきたい。元気の無い世の中にカツを入れたい。横綱のサッカーをする姿を見て、体のしなやかさを感じた。朝青龍!天下を統一する気あるかっ!」猪木は朝青龍の顔面に平手打ち。いきなりの闘魂注入だ。朝青龍を呼び捨てにして平手打ち出来るのは猪木しかいまい。

ロシアとの太いパイプでヒョードルを連れてくる用意もある。猪木18番の嘘とも本当とも判別不能なでっかい話がぶち上げられる。現役横綱対60億分の1の男、ロシアンラストエンペラー ヒョードルの対戦ならば国立競技場でも狭いくらいだ。

「大相撲最強を証明する。曙関の様にはならない。」現役横綱の格闘技転向。「品格ばかり問われる角界に未練はない。何でもありの総合格闘技こそ自分に適した場所。」その場で大銀杏が切り落とされた。前代未聞空港での断髪式だ。偶然にも日本プロレスの祖、力道山のプロレス転向と同い年。平成の力道山となるか?朝青龍。って..... 深読みしすぎ?

久しぶりにやって来た両国の目的は国技館隣江戸東京博物館で行われている”大鉄道博覧会”。漫画”鉄子の旅”を読んで、行ってみるかと神保町の帰りにやって来た。さて 鉄ちゃんで無い人間が見た鉄道博は...。鉄ちゃんには、様々なジャンルがあるそうだが 私の琴線に触れるものは何もなかった。

私のDNAに鉄は入っていないようだ。鉄分もなければ鉄粉もなさそうだ。あっ万博公園の鉄鋼館の鉄は別だけど。盛り沢山の展示室を出ると売店には盛り沢山の鉄道グッズの山々。盛り沢山のグッズを見ても買いたい物の無い寂しさ。

群衆の中の孤独を感じた両国の夏の日。見上げた国技館のシルエットを見て大阪万博のサンヨー館を思い浮かべる。
[PR]
by banpakutantei | 2007-08-25 15:29 | 万国博 | Comments(0)


<< 伊豆のひなびた入り江のアクアポ... 燃えよドラゴンに映るベトナム館... >>