人間○○。

d0065737_21364038.jpg最近テレビで大阪万博が取り上げられる事が多いが。三波先生の「世界の国からこんにちは」に乗って流れる映像はサラッと最大公約数的なものが多い。太陽の塔、月の石、行列等々と共に取上げられる機会が多いのがサンヨー館にあったウルトラソニックバス。

通称、人間洗濯機。(以下ウルトラ風呂の呼称で統一)現在は大阪サンヨーミュージアムに展示してあるが当時の写真と少し違う部分がある。先日もNHK「きよしとこの夜」でサラッと紹介された。折角なので展示品を直して氷川くんには是非このウルトラ風呂に入っていただき「きよしのズンドコ節」つながりで「いい湯だな」を歌って欲しかった。


この風呂で疑問に思っていたのは モデルの方は一日中 このウルトラ風呂に入っていたのか?と言う疑問である。そんなに入っていたらふやけてしまうのでは無いか?で調べてみると当時一時間半に一回ウルトラソニックバスショータイムとして実演されたそうだ。

なぁんだそうだったのか..でもそれではサンヨー館に入った全員が実演を見る事が出来た訳ではないのだ。どうりで私の周りでは月の石は見たがウルトラ風呂の実演を見た事がある人に出会わない訳だ。

昭和プロレス時代、レスラーには気の利いたキャッチフレーズが付いていた。そのキャッチフレーズを聴いただけであとに付くレスラーの名前をスラスラ言えた。ツーと言えばカーの如く。名は体を表すと言うがレスラーに付けられたニックネームはそのレスラーのイメージを連想させる重要なものだった。大抵プロレス記者が付けた様でカタカナ名の前に来る漢字がぐっと来るものだった。

人間発電所 ブルーノサンマルチノ 人間風車 ビルロビンソン 人間山脈 アンドレザジャイアント。が三大人間ではなかろうか。 人間台風ドンレオジョナサン 人間空母ヘイスタックカルフォーン 人間魚雷 テリーゴディらスラスラと出てくる。

技の名前にもジャーマンスープレックス=人間橋。ジャイアント馬場が放つドロップキックは32文人間ロケットと呼ばれ、人間風車はダブルアームスープレックスの呼称ともなっている。人間発電所などは子供の頃、発電所がどんなものなのかすら知らなかったにも関わらず何か凄いなぁなんて感じていた。

そこで人間洗濯機である。人間を洗うから人間洗濯機なのだが人間の様な洗濯機でもなければ、洗濯機の様な人間でもない。洗濯機の様な人間がいたら会ったみたい。「君ってまるで洗濯機だね」って。痩せている人のアバラ骨と胸板の薄さを見て、洗濯板の様だとは言うが洗濯板自体あまり使わなくなった現在、時代遅れの比喩かも知れない。

名前は聞くが馴染みが薄い人間国宝と言う方もいる。なり方は解らない。正しい呼称は「重要無形文化財保持者」と言うそうだが..生きる国宝、とのイメージを受ける。人間発電所 人間国宝 人間洗濯機 同じ人間が付くが意味はかなり違う。 
[PR]
by banpakutantei | 2007-06-03 22:32 | 万国博 | Comments(0)


<< 動く○○。 見えてたものが消えた時~3。 >>