見えてたものが消えた時~3。

d0065737_75952.jpg解体されてしまったトヨタカローラ販売店円形ショールームの同じ敷地には系列の中古車センターがあった。そこに建っていたこれ。

これは...まるでEXPO70。万博会場にあったと言われたら信じてしまう、たたずまい。会場にあったシェルターと呼ばれたパビリオン入場への待機場所や休憩所の雰囲気。小田原のこんな処に大阪万博があった。

これを何と呼んだら良いか解らない...つまらない表現で言えば...”変った形をした屋根。”とでも呼ぶべきか。テント地の様に見えるかも知れないが固体である。

様は硬いのだ。こういう形をした硬い物体だ。これが何時の頃からあったのかは解らないが現在のデザインでは無いだろう。円形の建物と同じくらいの歴史があるかも知れない。

この下に立てばパビリオンの入場まであと少しって気分になる。この会社の人にとっては、この人何?って気分になるだろう。でも、この”変った形をした屋根”に気が付いたのは昨年の事。

この屋根は推測の通りとすれば、ずっとこの場所にあったのだ。それまで何度も何度もこの前を通っていたのに気が付かなかった。沢山の中古車に埋もれていた為なのか見えていたのに見えなかったのだ。

見えていて、見えなかったものは突然見えた。何故かあの時は並ぶ車から突き出た屋根だけがオーラを発していたのだ。「おーい、こっち見てみろって...」と..。あれっ、こんな処に大阪万博が!見えてからはこの前を通る時は毎度眺めるようになった。

見れば見るほど大阪万博の雰囲気がした。折角見つけた小田原のEXPO70。だけど...前回の円形のショールームが無くなる少し前、見えてたものは見えなくなった。
[PR]
by banpakutantei | 2007-05-26 10:57 | 万国博 | Comments(0)


<< 人間○○。 見えてたものが消えた時~2。 >>