帰ってきたタワー跡地の今。リターンズ2

d0065737_040277.jpgOさんから送られてきたタワー跡地の画像の最後に写っていたシーン。そこに写っていたものは......メタル化した元タワーオブライフ&以前からここに放置されたタワーの遺構。メカゴジラならぬメカタワー。イッツ・ア・シルバーインパクト。

万博開催時は銀を基調色としていたエキスポタワーだったが今何故、お色直しなのか?”ギンギラギンにさりげなく”塗り替えられた元タワーオブライフ。

”そいつがおォーれのやりかたぁ”と塗り替えられたボールジョイント。”マッチでぇーす”と塗り替えられた柱。前々回のシルバー仮面らしきものは実はアイアンキングだったのでシルバーつながりとはならなかったが銀だらけ。イッツ・ア・シルバーワールド。

多くの謎掛けをしてきたタワー跡地。下の写真を並べれば施工前、施工後の変化が解る。今迄の謎は謎のままだったが今回の変化は見てそのまま解る変化。でも理由は解らない...それがまた新たな謎でもある。よく見てみればパネルにはめられた照明のカバーの様な樹脂カバーが二つ程取れてしまい内側が覗いている。

あまり注目されていないが以前からこの場所にあるボールジョイントと柱。これらはいったい何時からここにあるのだろう。開催時タワー下に電球の付いたボールジョイントのオブジェがあったが、それが今ここにあるボールジョイントなのだろうか?ではジョイントの奥にある柱は?ジョイントと柱が各一個。

大体これらは建築時のあまりなのか、それともタワーのどこかについていたものを外したものなのだろうか?ジョイントから出ている手の先端の事を考えると外したものみたいに見えるが...でもどこから外したのだろう。そう言えば以前タワーのふもとにあったショップタワー(元案内所)のテッペンにもタワーの部材の余りみたいな部材が付いていたが...

そんな事を考えてみれば、ここは以前から謎掛けの場所だったって訳だ。メタル化されたタワーの部材の写真が送られてきたのは先月の16日。その後元タワーオブライフの位置に変化はあったのだろうか?数十年ぶりに塗り替えられたジョイントと柱。多分パネルを塗った際「あっ、ついでにこれも塗っちゃって...」なんて感じだったのではないだろうか。
[PR]
by banpakutantei | 2007-04-07 16:44 | 万国博 | Comments(2)
Commented by 彩雲4号 at 2007-04-08 14:12 x
・・・・・。
なんで違う色、しかもギンギラギン?に塗るの?
悲しいと思ったのは自分だけなのでしょうか?
下地処理でもなさそうですが・・・?
Commented by banpakutantei at 2007-04-09 09:53
まさか年度末の予算を使い切る為?って事では無いと思いますが...
お金の使い方、違うんじゃない?って感じます。私のお金じゃないけど...


<< 幻のマグリット人形をさがせ。 帰ってきたタワー跡地の今。リタ... >>