見えてたものを確かめに~2。

d0065737_3544498.jpg大阪土産に赤福ばかり買って帰る私だったが、そもそも何故大阪土産に伊勢名物の赤福を買っていったのか?は今となっては思い出せないが、それを明らかにするには何故、新大阪駅に赤福が山積みされているのかから解明しなければなるまい。

が、それをしたからとて何がどうなる訳でもなく...とにかく毎度赤福ばかり続けたあげく家族に「赤福はいい加減飽きた。アンコものではなく今度からは、スィーツにして欲しい」と言われたのだった。

そんなリクエストにお答えしてこの処、大阪旅行の最終地が万博記念公園の時には千里中央でスィーツを仕入れる事となった。そんな、お土産の仕入先の阪急デパート入口付近から向こうに見えたその物体。

そこに立っていたのは...シルバー仮面?らしき”像”。貴方は一体...どなた様で...?彼は戦闘態勢の構えで屋上にある子供遊園地の隅に立っていた。貴方は一体いつからこの場所に立っておられたのですか?と問いかけるもキュッと口を真一文字に結んだままだ。貴方は一体...何仮面さん、何マンさんでしたっけ...?

この等身大を一回り大きくした様な像で思い出したが....千里中央のショッピングモールには万博終了後、せんい館にあったマグリット人形の内の1体が店頭に置かれていた事が確認されている。お世辞にも可愛らしいと言えないフロックコートを着た人形が立っていた場所を大阪のOさんは確かな記憶力から特定した。

それを昨年のマニアエキスポで発表したのだが講演終了後、万博記念機構の方から「思い出した。あった。あった。あの人形は確かに千里中央のあそこに立っていた。」との証言を得た。重要文化財となってもおかしくない、貴重なせんい館人形であるが下の写真の様に立っているのを見つけたら...それはそれで気味が悪いとは思う。

この”シルバー仮面らしき”像の後に見える、阪急千里中央店の外壁を見るといつもブルガリア館をイメージする。プレーンヨーグルトを日本の食卓に広めるのに一役買ったブルガリア館は閉幕後、祖国に移築され記念館となったとの話もあるがその写真を見た事がない。果たしてその事実はあったのだろうか?この外壁はもう一つ日本館もイメージさせるが...どうだろうか?

家に帰り、シルバー仮面を検索してみる。...確かにシルバー仮面の様でもありそうだ。でもどこか少し違う。彼はこんなに赤いスーツは着ていない。と言う事でこの像は取敢えず”シルバー仮面らしき”像とした。私が知らないだけで、もしかして実際は全く別のヒーローであったなら教えて欲しい。ウルトラ兄弟の誰かなのだろうか?シルバー仮面は昨年シルバー”假面”となって復活したらしい。そんなシルバー仮面の話を書いていたらOさんから驚愕の写真が送られて来た。なんと言う偶然...
[PR]
by banpakutantei | 2007-03-31 03:53 | 万国博 | Comments(2)
Commented by ズバット(大阪万博研究所) at 2007-04-01 09:07 x
アイアンキングですね。
Commented by banpakutantei at 2007-04-01 21:04
ズバットさん、教えていただいてありがとうございます。
アイアンキングですか。早速YouTubeで見てみました。
エンディングテーマが昭和の雰囲気いっぱいで良かったです。


<< 帰ってきたタワー跡地の今。リタ... 見えてたものを確かめに。 >>