ミュンヘンへの道~その2。

d0065737_2126552.jpg子供の頃、亀が好きだった男子は多かったのではないか?私も結構好きで飼っていて「亀って何て可愛い動物なのだろう」と思っていた。

しかし理由は忘れてしまったが、ある時を境に亀が苦手になってしまった。だから伊豆のアンディランドには未だ行ったことが無い。

亀好きな知り合いがいるが、彼の亀への愛情は深く、亀の世話をする為に何かを切り上げてでも家に帰る程だ。

私の浅い認識では鶴は千年、亀は万年と言う位だから、それ程世話がかからない生き物の印象があるのだが...きっと彼は亀に早く会いたくて仕方ないのだ。

ミュンヘンへの道の途中、見つけた変な駅。亀の頭が屋根から出ていた。

駅名は亀甲(かめのこう)駅。亀の甲だから屋根に亀の頭を付けてみた。縁起も良いし。目には時計をはめてみた。丁度良いし。そんな感じだろう。

単線の為に待ち合わせ時間が3分あった。写真撮影の為のサービスと解釈した。わざわざ降りると次の電車は直ぐ来ない。

何かで見た記憶があったので帰って調べてみると結構その手の駅では有名な存在らしい。以前親が太宰治の旅の途中で土偶駅の写真を見せてくれた事を思い出した。

岡山への旅の目的は只ひとつ。ミュンヘン館を見る為のみ。「あんたは偉い」と言う方はごく僅か。

そんな只ひとつの目的の旅の途中で遭遇した亀首駅舎。それは折角此処まで来たのだからミュンヘン以外の思い出に「ブログに書けよ」と神様が遭遇させてくれた、ささやかな贈り物。

岡山桃太郎紀行の途中でキジや猿の代わりに登場した亀くん。「私も万博遺跡巡礼の旅のお供をさせて下さい」「ごめんね亀くん、君は歩みが遅いので連れて行けないんだ。電車に乗り遅れちゃうと帰れないし..それに僕は君が苦手なんだ..」

車両に戻り確認した処、屋根から尻尾はでていなかった。もしかしてこの駅舎だけを只ひとつの目的にやって来る人もいるかも知れない。いるに違いない。最大の賛辞「もの凄い物好き」と言う9文字を贈りたい。
[PR]
by banpakutantei | 2006-11-04 12:11 | 万国博 | Comments(6)
Commented by シスターチルドレン at 2006-11-06 22:09 x
亀と言えば、昔怪獣好きだった僕にとっては「ガメラ」を思い出しますね。
Commented by banpakutantei at 2006-11-07 08:38
ガメラと言えばガメラ対ジャイガー万博会場”前”決戦、ゆけガメラ唾液ミサイルかいくぐれ!ですね。
Commented by よし坊 at 2006-11-07 23:58 x
亀甲駅、凄いですね~ここまでやるなら屋根は甲羅模様にして欲しいような・・・・
ガメラ対ジャイガー、ジャイガーがソ連館を持ち上げ・・・・でも微妙に壊さない・・・(笑)
(苦情が出ない様に配慮したのでしょうか・・・・・)
Commented by banpakutantei at 2006-11-08 10:43
よし坊さん こんにちは 駐屯地は山奥と言うわけではないですが奥地と言えば奥地です。鳥取ナンバーの車もかなり走っていましたので鳥取も近いのかも知れません。万博会場は無事でしたが大阪中があんなに破壊されては万博どころではないですね。
Commented by 牛鍋蝸牛 at 2006-11-12 09:57 x
ワシは牛鍋で蝸牛ですが、カメ飼ってます。
今は冬眠状態で餌も食わず、水替えの必要もないので、もっともカメが好きになれる季節です。
Commented by banpakutantei at 2006-11-14 14:47
牛鍋さん こんにちは 
北海道の亀は既に 冬眠状態ですか...何だかんだ言っても日本も広いですねぇ。


<< ラオス館の今。 ミュンヘンへの道。 >>