花博会場跡近くに大阪万博をさがす。

d0065737_22364693.jpg今年5月、連休。体感的には今よりも、もっと暑かった気がする。暑くなって嫌なのが喉のところがべたべたする事。次に嫌なのがモモとズボンがくっ付いてべたべたする事。あと首のところが、べたべたするのも嫌だ。

サラサラでいたい。そんな季節が既にやって来ている早7月。家族連れで賑わう花博会場跡。降り立った鶴見緑地の黄金週間、真夏日。

「○○寺へ行ってくれ」と告げる私を「○○さん、でんな」と運転手はルームミラー越しにチラッと覗く。「○○さん?」と訊き返す私を「○○さんも知らないで○○さんに何の用事だ」と訊きたそうに又もやミラーを覗き返す。

目指す寺院は○○さんと呼ばれているらしい。実はこの寺院には昨年5月同時期。万博マスターS氏と訪れ門前払いをされたのだ。タクシーを降りる。今回は単独で二度目のアタック。

信者の方が厳重な警備をされていた。「そうで無いものの匂い」を敏感に感じ取る様だ。「あのぅ、大阪万博の時のブリティシュコロンビア館っていうパビリオンの木を使って作った廊下があると訊いて(もの好きにも)(わざわざ)(遠路はるばる)来たのですが..」奥の院の本部にお伺いをたてて貰う。さて運命はいかに?一度では書ききれない。
[PR]
by banpakutantei | 2006-07-03 00:50 | 万国博 | Comments(2)
Commented by まつかぜ at 2006-07-08 19:14 x
むむっ、ブリテッシュコロンビア館のもみの木をテーブルにした喫茶店ってのは聞いたことがありますが、廊下にした寺がありましたか?先が気になります!実は万博当時、もみの木の表皮をちょこっと剥がしてきて保存していました。ラムネタブレットの空きケースに入れていたんですが、実家に帰るたび探しても見つかりません...。
Commented by banpakutantei at 2006-07-09 21:59
えっブリティッシュコロンビア館の一部を持っていらっしゃるのですか?是非見つけてください。さて続きが..これが非常に難しい。ちなみに内部写真は撮影”絶対絶対”不可でした。


<< 新幹線の車窓から大阪万博をさがす。 熱海の神々~2 >>