インディジョーンズ”魔球”の伝説

d0065737_147447.jpgブログに書いてる事は大抵一ヶ月から二ヶ月、あるいはそれ以上前の事で日記ではなく回想の様な性格だ。

地方のテレビ局が何週遅れで放送している番組の様なものだ。

稀に交通博物館の様な”ジャストインタイム”の事を書くと順番がややこしくなってしまう。

少し下の名古屋の翌日には大阪万博マルタ館解体一日前の姿を捉えているので、なるべく早く本編で書きたいと思っているが今は既に2年近く前の大阪万博地方自治体館遺跡の事を書いている途中だ。

で今回は一月に行った大阪の続き。何故に?と問われても一応順番に書いていかないとGWに行った大阪の話がおかしくなってしまうからだ。

先入先出しの管理。 三歩進んで二歩さがる♪人生はワン・ ツー・パンチ 。

曇天の寒い万博公園。美術館、ホール跡もすっかり整備され綺麗、サッパリ感が充実していた。単なる更地ではなくお金をかけていた。お金あるじゃん。って感じ。

使い方間違っていない?って問いたい位。美術館前にあったイサムノグチの噴水オブジェは少し場所を移動して生き残ったが綺麗にお色直しされてしまっていた。

結局美術館の照明は一部も保存されなかったのだろうか?美術館解体現場に立つヤノベさんを写した写真の後方には、グニャっと曲がったトラス状の照明が写っていた。

脱ぎ去られたピカチュウスーツが置かれた現場写真もあったがあれは何を意味するのか?イサムノグチから太陽の塔を見れば、インディジョーンズ・レイダース 失われた アークの岩玉を思い出す。
[PR]
by banpakutantei | 2006-05-28 03:38 | 万国博 | Comments(2)
Commented by 彩雲4号 at 2006-05-30 20:56 x
>>地方のテレビ局が何週遅れで放送している番組の様なものだ

↑なんと素晴らしいコメントいや「教え」!
私も更新が遅れに遅れて日記状態でなくなっていたので『どうしたものか』と悩んで?いたものですから(笑)

何しろ自分のパソコンでは書き込めないので「エンパイアねた」もいつになることやら・・・
Commented by banpakutantei at 2006-05-31 00:27
いえいえ彩雲さんの更新はそれ程長いと思いません。回想は英語でレトロなんとかと言うそうで、私のはまさしく”それ”だと思います。エンパイアねた、早く読みたいです。私もお蔵入りしているエンパイアが何枚かあるのですが..本編で次の次くらいには..ちなみに小田原では静岡のテレビが二つも入り、鑑定団が日曜日に12時から静岡系の週遅れ1時から12チャンネルの再放送と二時間連続で見ることが出来ます。


<< 件名:先週話した手渡しについてです。 さいごに交通博物館。 >>