カウントアップリオ五輪 2日目。

d0065737_1433439.jpg1/144太陽の塔の続き。テレビなどで本物じゃなくても太陽の塔が出てくると”おぉぉ”ってなってしまう。

上は麒麟の田村さんのお兄さんが経営する小岩のたこ焼き屋「たこ田信玄」に鎮座する、よくあるタイプ。奥にビリケンさんもあるので、大阪を意識したものか。

下は先日放映された”メレンゲの気持ち”にて紹介されたフットボールアワー後藤さんの自宅に鎮座する1/144の御神体。

d0065737_1424063.jpgその両腕は時々奥さんのアクセサリー掛けに使用されているそうだけど、奥さんから理解されないと言う点が私と共通している。

驚いたのが隣には”未来を拓く塔”のミニチュアが...ミニチュアと言っても倍率は結構大きなもので、なかなか見ない。

本物は1988年”ぎふ中部未来博覧会”のシンボルモニュメントとして製作され今も会場跡の岐阜メモリアルセンターに残る。

d0065737_143837.jpg下に時計が付いたものが時々結構高値でヤフオクに出てくる。

最近も55万円で出ていて、しばらく値付かず状態が続いていたけどいつの間にか消えてしまった。落札されたのだろうか?

ミニチュアの時計と言えば銀座数寄屋橋にある”若い時計台”の時計ではないミニュチュア。

一度だけ現物を見た事があるけど、これは借金してでも欲しい。下にライオンズクラブのマークがあるので1966年に設置者のライオンズクラブが記念に作ったものだろう。


d0065737_16101216.jpg(私は)ヤフオクでも見た事が無いけど出品されたなら相当の高値必至ではないだろうか。それなりの数が作られたと考えられるけど50年近く前の記念品。現存数は少ないだろう。

只、記念品って必ずしも飾られるとは限らない。私も時々戴く事があるけど、大抵一度箱から出してから、戻してそのまんまが多い。

岡本太郎ファンでも無ければ手がニョキニョキ出たケッタイな形をしたこのオブジェを飾る訳が無い。箱に入れられたまま相当良い状態で死蔵されているものが絶対ある筈。時計じゃない”若い時計台”。いつか出た時の為に時計台貯金を始めよう。
[PR]
by banpakutantei | 2016-08-07 17:52 | 万国博 | Comments(0)


<< カウントダウン リオ閉幕。 さらば...ではなく久々の更新。 >>