太陽の塔を塗る~7

d0065737_0271734.jpgそう云えばあれはどうなった?目指せ太陽の塔39.9万円レプリカ計画。は、いよいよ黄金の顔を黄金に塗る工程に入った。

黄金の顔は後がネジきり加工してあり、回せば取り外しが可能である。ヤフオクに出てくる出品写真の黄金の顔がよく曲がっていたりするのは、その為で、調整すれば定位置に出来る。

リアル太陽の塔を目指すならば鏡面仕上げ(顔が映る)の金。本物には3Mのカッティングシートが張付けてあるので、本物と同じシートを張付けてみた。曲面の為小さく切り貼り合せていった。

張り合わせ部分が目立つ様ならば最後はクリアーを塗って目立たぬ様にしようとしたが貼り終った段階で妙に安っぽくなってしまった。結局、塗装の金に変更。さらに口の部分に穴を開け”高雄の塔”には無い避雷針を製作した。

黄金の顔がのる首の部分には既に”エキスポブルー”(これは本当の名前)が塗ってある。いよいよ、取付の儀式を行い太陽の塔に魂が吹き込まれる。

当時のフィルムに映し出される黄金の顔、取付作業は何度見ても、ため息が出る程、神々しい昭和の名シーン。昭和に於ける、大仏開眼の儀式と云える。
[PR]
by banpakutantei | 2005-11-28 01:17 | 万国博 | Comments(3)
Commented by まつかぜ at 2005-11-28 17:15 x
全体像を早くっ見たいっす! 避雷針は自作ですか?
Commented by banpakutantei at 2005-11-29 16:40
黄金の顔が出来たので、遂に完成です。全体像は近日公開します。避雷針は自作ですが本物の爪っぽい雰囲気を出すには時間がかかりそうなので、取敢えずサクッと出来る材料でサクッと作ってみました。近くで見るとなぁんだって感じですが一応金属製です。
Commented by まつかぜ at 2005-11-29 17:52 x
いいな~。早く全体が見たいな。


<< ”冬が来る前に”を聴くのはこの時季 値段と重さは比例しない >>