カウントアップ EXPO70パビリオン公開 祝4周年から二週間。

d0065737_13372698.jpg昨年11月に訪れた兵庫 横尾忠則現代美術館。建物は兵庫県立近代美術館として大阪万博の年、村野藤吾氏設計により建てられたそうだ。

俳優、作家、ミュージシャン、偉人たちを描いてきた多彩なポートレイトの数々を展示した「肖像図鑑」展。

中でも気に入ったのは瀬戸内 寂聴、向田 邦子、岡本太郎。見覚えのある忌野清志郎のポートレイト。

図録を買ってみたけど作品はほんの小さく数センチ角でしか載っていなかった。


d0065737_1340454.jpg兵庫から、がさばったけど、わざわざ持ち帰った図録。俗に「積読」と呼ばれ「買って満足する。」タイプである故、数ヶ月間リビングに放置されたままとなった。

放置された書籍類は家族から定期的に「撤去命令」が発令され実行がなされないと「強制撤去」となる。

撤去命令に従い万博資料室小田原分室と言う小部屋へ収納前にパラパラとめくってみれば...何と今年6月、川崎で巡回展が行われると記載されていた事に今更ながら気が付いた。

d0065737_13382211.jpg嗚呼..居住県で行われる巡回展を兵庫まで見に行くとは...。

横尾忠則美術館は以前から行ってみたかった場所なので、それもかまわないけど違う展示の時でも良かったかも。

横尾さんのポストカードは色々な場所で売っていて小まめに覗いたりしていたけど横尾さんがデザインした大阪万博「せんい館」ポスター版を見ることはこれまで無かった。

せんい館は横尾作品の中でもマイナーな位置付けなのだろうか?元々存在しないのかと思っていた。

d0065737_13384094.jpgしかし...流石 個人美術館。数あるポストカードの中に見つけた「せんい館」のカード。いつかこれに横尾さんのサイン欲しいなぁ。

館内にあった資料室。資料を閲覧するには手続きが必要だけど、そこに見つけた1970年代と書かれた段ボール箱。

うわぁ。この中にせんい館の資料が入っているのかなかぁって興奮したけど後ろにananって書いてあったので入っていないのかも。

横尾さんと、せんい館の関わりって今ひとつ解らない事が多い。1970年資料とだけ記載して期待を持たせて欲しかったなぁ。
[PR]
by banpakutantei | 2014-03-23 16:41 | 万国博 | Comments(2)
Commented by 爪の鷹団 at 2014-04-03 17:17 x
今年2月に、『大阪万博 20世紀が夢見た21世紀』(平野暁臣:編著、小学館クリエティブ)
http://www.shogakukan-cr.co.jp/book/b165394.html
という本が出版されたことをご存知でしょうか。分厚い本で読みごたえはありますが、でも私は、大阪万博関連の本はすでにいくつも持っていますから、お金を出して買いたいとまでは思いませんでした。でも、万博の歴史を、大阪万博以降も含めて総合的に分析した文章もある点は、この本の個性だと思います。

また、雑誌の先月号の話で恐縮ですが、『新建築』2014年3月号
http://www.7netshopping.jp/magazine/detail/-/accd/1200935455/
には、来年のミラノ万博日本館の基本構想が載っていました。4ページほどの記事で、内容はインターネットの日本館公式ホームページで公表されている内容と大差はありませんが、建築プロデューサーの北川原温氏と、設計を担当する石本建築事務所による解説がありました。
Commented by banpakutantei at 2014-04-07 01:09
爪の鷹団さん。この本一応買いました。見た事が無かった写真も数枚ありました。でももしかして、初出でも無く、大きさが変えてあるだけで印象が違うだけなのかも知れませんが...。表紙がエキスポタワーだったのが何かこだわり感を打ち出している印象を受けました。


<< カウントアップ EXPO70パ... カウントアップ ソチ五輪が終わ... >>