カウントアップ オーストラリア記念館 閉館から早10日。

d0065737_1332425.jpgオーストラリア記念館最終日。寂しげに見えてしまう後姿。

以前からの疑問。オーストラリア記念館って、どこまでがオリジナルなのかなぁ?って事。

例えばコンクリかモルタル製のパビリオンの外壁を壊さずに持って来るのは色々な面から不可能だったろう。

閉幕後、外壁が壊されているオーストラリア館の写真も見た事がある。そうなると外壁は四日市に来てからのもの。つまりオリジナルの素材では無い事を意味する。

で...のシッポの末端。最後尾のフォルムのまとまり方は移築後のオリジナルな形だとずっと思っていたけど万博会場内でのフォルムもこんな感じだったって写真を最近見つけた。

登って登れなくも無さそうな背中の幅。スカイフック頂上まで登ったら気分は”怪獣王子”。万博の数年前に放映されたこの番組。当時オーストラリア館に登り怪獣王子気分を想像した人って結構いたかも。
[PR]
by banpakutantei | 2013-12-11 01:58 | 万国博 | Comments(2)
Commented by 無名くん at 2014-12-06 17:49 x
こんばんは。
自分も閉館後に行って思いましたが、あんな大きなものをそのまま移動できるわけはないし、建材をバラして持ってこれるわけもない。
結局、「再建」に近い形だったのでしょうね。
万博のときのフォルムはとても美しかったのですが、実物を近くで見るとそうでもなく、微妙でした。
Commented by banpakutantei at 2014-12-21 04:04
そうですね。本当のオリジナル部分が何処なのかとっても気になります。


<< カウントアップ オーストラリア... カウントアップ オーストラリア... >>