太陽の塔を塗る5

d0065737_954826.jpgスカンジナビア館続編に対しメールを多数(やや誇張)頂戴し、どうもありがとうございます。が..UP後、多数の誤字脱字等が発覚。

我がサイトの赤ペン先生でもあるHさんと現在、誤字脱字撲滅運動に取り組んでいる最中なので、どうか広く暖かい心で見守ってください。

しかし”地底の太陽の塔”はきっと太陽と打つと勝手に指が”の塔”と続けてしまう、一種の生活習慣病とも言え、実際”おおさかばんぱく”とか”にほんばんこくはくらんかい”なんてすごい速度で打てる。

打つ文字の表示がコンマ何秒か遅れる。文字が後から追いかけてくるって感じの速度。

さて、赤い稲妻部に色入れしてみる。ここは筆を使用。写真は未だ途中だが凹部に入れるだけなので簡単かと思っていたが意外と苦労した。凹のエッジ部まできちんと色入れしないとスッキリしない。

色も赤単色だと安っぽいので、赤単色を塗った後、クリアー+メタリック+赤を混合したスペシャル塗料”タローズ・レッド”(勝手に命名)を重ねる。最近老眼が入ってきたのかテレビショッピングで売っているサンバイザーみたいなルーペが欲しくなった。赤い稲妻って左右対象じゃないんですね。
[PR]
by banpakutantei | 2005-10-14 09:34 | 万国博 | Comments(2)
Commented by Mさん(笑) at 2005-10-15 22:19 x
スカンジナビア2完成おめでとうございます。
そして誤字脱字撲滅運動お疲れ様です(笑)
提供させて頂いた写真が公開されるのはなんだか嬉しくもあり恥かしくもあり・・・

文中のいくつかの疑問点についてお答え致しますね。
1.パビリオン友の会について。
自分はパビリオンがまだ営業してた頃一度だけ入館しましたがその時の入場券は紛失しています。画像のチケットは取り壊し現場にて拾った記憶が。
2.「卓越したセキスイの技術」の色について。
あれは写真の劣化ではなく本当にアズキ色でした。移設時に塗装したのかも。あの化石も事を考えると夜も眠れません・・・(ちょっとウソ)
3.解体現場の自転車について。
あの緑色のブリジストンロードマン(しかも中古)が廃墟好き高校生の大切な相棒でした。えぇ、自分の自転車です。
Commented by banpakutantei at 2005-10-16 21:55
Mさん、本当にどうもありがとうございました。昨日思ったんです。
Iさんを”愛さん”にすれば良かったんだって..(笑)「卓越したセキスイの技術」は塗替えられた可能性が高いですね。是非とも、世紀の発見をされる事を願っています。スカンジナビア館ヌードトランプの存在も気になります。


<< 太陽の塔を塗る6 太陽の塔を塗る4 >>