カウントアップ EXPO70パビリオン公開から182週。

d0065737_271019.jpg半沢直樹は今週から東京転勤し「あぁぁ。大阪の風景はもう映らないんだろうな」と思っていたら先週、伝えられたニュース。「半沢直樹」~大阪編のロケ地巡りが大人気。との事。

テレビの力ってやっぱり凄いなぁって...おかげで眠ったままになっていた梅田スカイビルの写真がやっと日の目を見る事となった。

半沢が部下から3本目の缶コーヒーをもらったシーンに使われた空中庭園。眠ったままと言っても5年6年ものがゾロゾロある中でのたったの1年寝かせただけのものだけど。


d0065737_272796.jpg2012年5月。何度も大阪に来ているのに此処に来たのは初めてだった。

大阪万博時、日立グループ館には入れなかったけど”こんな感じだったのかなぁ”と想像したエスカレーターを登ると太陽の塔の腕から出てきた感じの大回廊が広がっていた。

チューブの中を通るエスカレーターは、まさしく絵に描いた未来都市。子供があの頃描いた未来都市はこんな感じのチューブでつながれていた。

d0065737_27419.jpg屋上に出て自然と最初に探すのは当然、吹田方面。「どこだ?太陽の塔。」

と探してみても見つからない。エキスポランドの観覧車でも残っていたら目印になった筈なのに、既に存在しない。

写真で撮影し後から見てみたが、それらしきものは写っていなかった。うーん確かにあの方向だったのに...。

吹田と反対側を見てみればてっぺんが黄金に輝く物体が....「おぉ..黄金の顔、こっちだったのか」と思ってみたら舞洲ゴミ処理場。


d0065737_28278.jpg「こんなもの税金で作っちゃってけしからん!」と、良くやり玉に挙げられる施設。

太陽の塔黄金の顔だって、発見出来ればこんな輝きを放っていた筈なのに...。

そう言えば、このフンデルトヴァッサー建築。これもお蔵入りしたままだった。行ったのを調べてみると07年11月。

画像の流れを見てみると、この時吹田博物館での万博展の翌日行っていた。その前月マニアエキスポ行って二ヶ月連続で大阪に行っていた。あぁ懐かしの吹田万博展。


d0065737_281986.jpgしかし、この煙突。上が黄金で、赤のイナズマもあって、この角度から見ると、まるで太陽の塔。

ヴァッサー建築の現物を生で見る事の出来る幸せ。大阪の方々が払ってくれた税金はまさしく幸せの為に使われたと思う。

スカイビルと合体し空中庭園を突き抜ければ、まるで大屋根を突き破った第二の太陽の塔そのものって感じ。

そう言えば、この清掃工場は半沢直樹に出てこなかったなぁ。隠ぺいの為、捨てられた重要書類でも探しに来たら良かったのに。
[PR]
by banpakutantei | 2013-08-28 03:05 | 万国博 | Comments(2)
Commented by 爪の鷹団 at 2013-09-20 19:39 x
ブログの内容とは関係ありませんが、こんなニュースがありました。


「日本万国博覧会の展示映像のアーカイブの契機となる日本館上映フィルムの原版を発見!」
http://www.kyushu-u.ac.jp/pressrelease/2013/2013_06_14.pdf
Commented by banpakutantei at 2013-09-21 01:59
爪の鷹団 さん どうもありがとう、ございます。

見てみたいです。映像そのものより原版のフィルムそのものの現物。


<< カウントアップ EXPO70パ... カウントアップ EXPO70パ... >>