カウントアップ EXPO70パビリオン公開から18週間。

d0065737_23342333.jpgワールドカップは終わったけど、未だ便乗を続けるブログ。終わってしまったので、もう便乗とは言えないかも知れない。これからはワールドカップ回顧シリーズとなる。

で3位のドイツ。ドイツと言えばドイツ館に良く似た建物が大阪南港に浮いている。実際は浮いていない、この美しいドーム建築を見て、万博ファンが大阪万博ドイツ館を連想するのは不思議ではない。

それよりも「あっ、この丸っこい建物は以前どこかで見た事がある様な...ええっとあれは...どこだったやろ...あれは確か....ああっ...悔しい...思いだせん...。」と万博に行った事のある人で万博には、それ程思い入れの無い人が記憶の底から引き揚げようとした原風景。

その心に引っ掛かっていた原風景を、ふとした瞬間に思い出す時。「あぁ、あれは万博や....そや、あれによう似たもんが万博にあった。まさか、あん時のもんが未だ残ってる訳でもないやろなぁ....」と思いにふける建物。それが「なにわの海の時空館」。40年も前の出来事に想いをはせる事は、まさしく時空を旅する事に等しい。

時代を逆行する船旅は波に逆らって進む事。館内には、そんな荒波に逆らい、時空を旅する船も展示されている。そうか、この球形は宇宙なんだ。そしてその中にある浪華丸ってレプリカ船は時空と言う宇宙を旅する宙船(そらふね)なんだ。更にそうか!この球形は頭だ!良く見れば頭の形ではないか。

頭の中にある、現代で言えば40年前、イメージで言えば何万光年も離れた銀河の様な....宇宙。記憶の時空を旅する船を私は今漕いでいる。ボンヤリと彼方に見える光線は....太陽の塔の万博ビーム。キラキラと輝く無数の光は会場の夜景と勝手に理解した。

大阪万博ドイツ館と、なにわの海の時空館はこちら
[PR]
by banpakutantei | 2010-07-19 01:20 | 万国博 | Comments(4)
Commented by アストロノーツ at 2010-07-25 20:48 x
こんにちは。9.13に1/350スケールの「太陽の塔」が発売されるにですね!既出でしたらごめんなさい。表面がザラザラしていて良さそうです。アマゾンにも出ていました。
http://www.fumuo.com/kytytsfb.html
Commented by banpakutantei at 2010-07-26 01:50
アストロノーツさん こんにちは
太陽の塔。知りませんでした。早速予約しました。
どうもありがとうございました。 避雷針も付いてカッコ良いですね。
到着が楽しみです。
Commented by アストロノーツ at 2010-07-26 19:46 x
発売されるにですね!→発売されるようですね!の間違いですね。
朝鮮の方みたいですね(笑)慌てて間違いました。失礼いたしました。
Commented by banpakutantei at 2010-07-26 21:40
いえいえ 私も誤字脱字ダブりだらけで...
しかも 放置したままも 多し...。


<< カウントアップ EXPO70パ... カウントアップ EXPO70パ... >>