カウントアップ EXPO70パビリオン公開から11週間。

d0065737_14445879.jpg東芝と言って先ず思い浮かべるのは洗濯機でもなく冷蔵庫でもなくIHI。東芝と掛けてIHIと解く。大阪万博 東芝IHI館。東芝は解ったけど何の意味か解らなかったIHI。略して東芝館と呼ばれてしまった東芝IHI館。

約一ヶ月前の新聞の一面に出ていた記事。内容は原発機器を東芝とIHIが新会社を設立し共同で生産していこうではないかと言う記事なのだけど...朝トイレで読んでいて東芝とIHIの文字に思わず反応してしまった。

両社が合併会社を設立するのは初めてではない。この二つの企業にゆかりのある人こそ、日本万国博覧会協会会長だった石坂泰三さん。石坂さんは石川島の相談役と東芝の社長を務めた。

万博40周年の前年の昨年、テレビではサザエさん40周年の番組が放映された。これまで一体何本の話が放映されたのだろう?数多くの話から選ばれた内の一本が「サザエ万博へ行く」だった。厳選された一話がサザエさん一家が大阪万博に行った話とは何とも凄い。

この話、実際に見たのかも知れないが全く記憶に残っていない。近年サザエさん一家が万博に行った話があると言うのを知って是非見てみたいと思っていた。そこには当然東芝IHI館出てくると言う。カツオは番組中、小学校5年の設定となっている。紛れも無く万博少年だ。

時代は変われどサザエさんは相変わらず日曜夕方に放映され続けているが、もう何年も見ていない。現在これだけ普及した携帯電話など登場しているのだろうか?もしかして磯野家に登場しないままビデオレコーダーは役割を果たしてしまったのだろうか?我家では見ていないが日曜夕刻にサザエさんを見て憂鬱になるサザエさん症候群なる症状もあると言う。

我家の最近の日曜8時台は、「世界の果てまでイッテQ!」」が流れているがCM中チャンネル切り替えの際、いつの間にか再開されていた「劇的ビフォーアフター」の匠の巧みなアイディアのアフターな姿に見入ってしまう事もある。

「お風呂に行くのが怖い家」やら「動線に寝る家」やら「風呂に階段のある家」やら。家に付けられた巧みな異名の数々。○○の魔術師やら空間の○○やら、○○の伝道師やら...匠に付けられた巧みな異名の数々。一体誰がそう呼んでいるのか?

リフォームの匠にクラッシャー・リソワスキーの様な「ぶっ壊し屋」や橋本真也の「破壊王」が付く事は無いが...それはまるでプロレスラーのそれに通じる。ちなみにレスラーの異名は東スポの記者が付けたものが多い。

アフターには折りたためるテーブルやら組み合わせると別の形になる家具や、何かを動かすと、あっと驚くものが出てきたり...風呂場は大抵、大きくなる。「なんということでしょう!」流れてくるサザエさんと同じ声に「ああ、明日から又一週間が始まるんだなぁ」と土日で忘れていた先週やり残してしまった仕事を思い出してしまったりする。これを「激アフ症候群」と呼ぶのだろうか?

更新頻度が一年近くなりそうな本サイト。只今、書きかけてそのままが2本。近日公開したい予定。モニター大型化に対応すべく 画像を大きくする作業を小まめに行っています。時々お蔵入りしていた画像を追加したり、ページを追加したりしています。今頃 誤字脱字を発見したりして恥ずかしくなったりもしています。 

万博かるた 東芝IHI館 ほんの少し変えました→ こちら

東芝テトラ ほんの少し変えました→こちら

ケンタッキーと元禄寿司のパッケージ追加しました。→こちら
[PR]
by banpakutantei | 2010-05-30 01:41 | 万国博 | Comments(0)


<< カウントアップ EXPO70パ... カウントアップ EXPO70ホ... >>