カウントダウン EXPO70パビリオン公開まで あと13日と数時間。

d0065737_114136100.jpg”DEEP”&”珍”スポットとして多くのサイトで紹介されている石切神社とその参道。そのDEEP度&珍度を測定すればDE”EEE”EP。”E”三つの”珍珍珍”珍三つ位。幾つが最高か決めていないけど。

参道の至る処で見かける阪本の文字。それは精力剤で財を築いた阪本昌胤と言う方の事。精力剤にちなんでなのか石切大天狗さんも奉られている。この大仏さんも阪本さんが建立した。

「個人の生命は短く 民族の歴史は永い」「交通事故防止 道路敷地 土地時価約壱億円 東大阪市へ個人寄付 」「日本国天皇御訪欧記念 金三阡萬園 個人寄付」など、力強いフォントで刻まれた石碑がこれでもかと並んでいる。

これら石碑の写真は数多くUPされているが、その中で注目されない石碑。それが石切大仏前の一本。今回一番私が反応した石碑。そこに刻まれた文字。日常生活で自然と反応してしまう漢字七文字。続く文字が違っても日本と来ただけで反応してしまう文字の力。 日本万国博覧会。

石碑には「日本万国博覧会 明治百年記念事業 金貳阡萬園 個人寄付」とある。阪本昌胤さんは万博の際 大阪府に2千万円寄付をしたのだそうだ。40年前の2千万円は現在の数倍の価値がある。小さなパビリオン位建ちそうな金額だ。さてこの2千万円は万博の際、どの様に使われたのだろうか?

寄付をした事自体を石碑に刻むなどからして、多分自己顕示欲が強かったお方だったのでは?と想像してしまうが、その偉業を物として残したかったのではないだろうか?

例えば現在も会場跡に僅かに残る照明器具の柱には寄贈された企業の名前などの銘板(プレート)が付いていたりする。会場施設に阪本昌胤さんの寄付によるものがあったのだろうか?あったとすれば必ず銘板を付けさせた筈だ。太く力強く刻まれた”阪本”銘板の付けられた物体。一体それは何だったのだろう?阪本銘板。非常に気になる。

その参道の様子を羅列してみた。→こちら

湖底が現れた夢の池と万博噴水画像は→こちら

以前の万博が刻まれた石碑のブログは→こちら
[PR]
by banpakutantei | 2010-02-28 14:48 | 万国博 | Comments(2)
Commented by よし坊 at 2010-03-03 01:38 x
GTMさん、こんばんは。

EXPO70パビリオン、オープンまで遂に2週間を切りましたね~

オープン前に下見に行かれたそうで・・・毎度の事ながらGTMさんの行動力には脱帽します。

先日、一枚のハガキが届きました。「大阪万博40周年記念式典招待状」・・・駄目もとで25枚ほど出した応募ハガキが当たったようで・・・・
くじ運は良くないのですが、万博関係は何故か良く当たります。2003年の1970人限定の太陽の塔特別内覧会、2004年第二回内覧会は3枚当たりました(苦笑)・・・・
宝くじは3000円が最高なんですがねぇ・・・・ちょっと複雑な気持ちです。

13日、14日と大阪へ行きますが、GTMさんは当日行かれますか?もし行かれるのなら現地でお会い出来ると良いのですが・・・・
Commented by banpakutantei at 2010-03-03 10:50
よし坊さん こんにちは
私は応募し忘れてしまいました。
招待状が到着したそうで...羨ましいです。

そうか!EXPO70ホールオープン記念式典ではなく
万博40周年記念式典なんですね。 あぁ応募すれば良かった。

13 14日は行く気 満々なのですが gopさんの情報で
若い太陽の塔の公開を知り 一週延ばそうかどうか
考え中です。でも いく可能性のが大です。


<< カウントダウン EXPO70パ... カウントダウン エキスポ70パ... >>